営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

営業事務は楽?それともきつい?相性の良い人、向いてない人の特徴

営業マンをサポートする営業事務。
「営業関係の事務作業がメイン」という漠然としたイメージはありますが、実際の仕事内容はどうなのでしょうか?

今回は、営業事務が楽なのか、きついのかという点と、営業事務と相性の良い人、向いてない人の特徴をご紹介します。

営業事務は楽?それともきつい?一般事務との違いは?

営業事務とは、そもそもどのような職種なのかご存知でしょうか?
事務職という仕事は、一般事務と営業事務の大きく2種類に分けられます。

一般事務は、文書作成やデータ入力、電話応対など事務作業全般を担います。
営業事務は、営業マンの営業活動をサポートする事務作業を行います。
会社にもよりますが、ほとんどの会社では一般事務より営業事務の方が業務内容が多岐にわたることが多いようです。
そして、営業事務が一般事務と兼任している会社も多くあるので、営業事務は一般事務よりもさらに要領よく仕事をこなすスキルが求められます。

実際のところ、営業事務の仕事内容は楽なのでしょうか?それともきついのでしょうか?
営業事務は業務内容が多岐にわたるので、一言で楽かきついか言い切れませんが、営業職に比べれば自分が直接サービス・モノの売り込みをしない点では「楽」といえるかもしれません。
しかし一般事務職と比べれば、自分だけの仕事をこなせばいいというわけではなく、営業職のサポート力なども求められるので「きつい」と感じる方もいるかもしれませんね。

営業事務と相性の良い人・向いてない人は?それぞれの特徴!

では、どういった人が営業事務に向いているのでしょうか?
営業事務と相性の良い人、営業事務に向いていない人の特徴をまとめてみました。

営業事務と相性の良い人の特徴

コミュニケーション能力が高い

営業マンのサポート業務をするため、営業マンとのコミュニケーションは欠かせません。
また、顧客からの電話応対がある会社がほとんどといえます。
スムーズなやり取りをするためにも高いコミュニケーション能力が求められます。

サポートが得意で、迅速・柔軟に動ける人

営業マンは顧客優先で動いています。営業マンから急にさまざまな依頼が入ることがしょっちゅうなので、迅速に、かつ柔軟に仕事をこなしていかなければなりません。
時には先回りして動けるような、スピード感も必要です。

営業事務に向いていない人の特徴

パソコンが苦手

見積書・請求書の作成や、営業のための資料作成など、専門的なスキルまでは必要とされなくても、基本的なパソコン操作と迅速な作業が求められます。

対人ストレスに弱い

事務作業自体は得意でも、対人ストレスに弱いと、営業マンや顧客との円滑な人間関係が築きにくく、仕事がストレスになってしまいます。

時間管理能力がなくマルチタスクでの作業が苦手

多岐にわたる事務作業を、要領よくこなす必要があります。
頭の中で仕事を整理し、時間管理をしながら効率良く作業を進めなくてはいけません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回の内容を読んで、営業事務に向いていないかもと思ってしまっても、事務仕事が嫌いじゃなければ一般事務に向いていることもあるかもしれません。
逆に、現在一般事務での単調な事務作業に退屈している方は、事務経験をそのまま活かせる営業事務に向いているかもしれません。参考にしてみてくださいね。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!