営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

契約が取れるようになる!?人に好まれる営業マンの話し方を解説

いつも順調に契約が取れる営業マンを羨ましく感じたことがありませんか?
契約が取れる営業マンの特徴の1つとして、人に好まれる話し方をしていることが挙げられます。
すなわち、話し方を変えれば契約が取れる営業マンへと近づくことが可能になります。

そこで今回は、契約が取れるようになる!?人に好まれる営業マンの話し方を解説していきます。

契約が取れるようになる人に好まれる営業マンの話し方

契約が取れるようになるためには、顧客から好まれる必要があります。

人に好まれるようになるためには以下の2つのポイントを抑えましょう。

①信頼できる話し方

信頼とは、漢字の成り立ちから分かるように「信じて、頼る」ことを指します。

顧客から信頼してもらうための話し方のポイントは以下の3つ。

・姿勢よく笑顔で話す

営業マンとしての基本となりますが、シャキッとした姿勢で笑顔で話すことで、良い印象を与えることにつながります。
場面によっては緊張する商談もありますが、この基本を心がけることが信頼の第一歩となります。

・顧客と話すスピードを合わせる

顧客が話しているスピードと同じ速さで話すように心がけると、「この人と波長が合う」と感じ取ってもらえやすくなります。逆に、相手がゆったりとした話し方にもかかわらず、営業マンが早口で話してしまうと「自分に寄り添ってくれない」と不信感をもたらすことにつながります。

・顧客が使う言葉を営業マンも使って話す

ビジネスマンの多くは、社内用語にもかかわらず、その事実に気づかずに社外の人にも通用すると思って使うことがあります。顧客が商談中に社内用語を使って話を展開してきた場合、営業マンも用語の定義を汲み取った上でなるべく使うように話しましょう。
そうすることで「この人はうちの会社の理解が早い」と感じてもらいやすく、信頼へと発展していきます。

②説得力がある話し方

説得力とは、相手を納得させてYESと言わせる力のことを指します。
営業現場における説得力がある話し方のポイントは以下の2つです。

・論理的に話を展開する

論理的に話を展開する方法としては、まず結論から話すことが重要です。
顧客は忙しい合間を縫って営業マンの話を聞く時間を設けています。
ダラダラと営業マンが話したいことを話すのではなく、顧客が知りたい情報である結論を先に伝え、その背景や理由をあとから説明していきましょう。
論理的な話し方は日々の商談の訓練で磨くしかないので、懲りずに論理的な話し方を意識していきましょう。

・実体験や数値を話の中に織り交ぜる

「おそらく~だと思います」など曖昧な話し方をするより、「過去の事例だと、~です」やと推測ではなく、事実に基づいて話された方が納得しやすくなります。
特に、事実の中に数値があると、非常に信憑性が高まります。
これは、話し方も意識したいですが、商談前の事前準備を念入りにしておくことも非常に重要です。

まとめ

今回は、契約が取れるようになる!?人に好まれる営業マンの話し方を解説しました。いかがでしたでしょうか?人に好まれる営業マンになるためには話し方が重要です。これはすぐにできるものではなく、日々の商談の中で磨いていくものです。今回お伝えしたポイントを繰り返し意識していくことで、自然と人に好まれる営業マンの話し方が身についてくるので、焦らず取り組んでいってくださいね。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!