営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

女性営業のメリット・デメリットは?女子ならではの強みを紹介

営業といえば、一昔前は男性の職業のイメージですよね。女性が社会進出するに連れ、女性営業も増えて今となっては珍しくなくなりました。とはいえ、女性営業は男性営業と比較すると不利になるのでは?と疑問を抱く方も多いでしょう。

そこで今回は、女性営業のメリットとデメリットを一挙ご紹介します!ぜひ、営業にチャレンジしたい女性に読んでもらいたいです。

女性営業のメリットは?

女性が営業職に就くにあたって、男性と比較したメリットは次の3つといえます。

  1. 共感性が高く、好感を持たせやすい
  2. 細かい気配りで安心感を与えられる
  3. 相手に覚えてもらいやすい

具体的に見ていきましょう。

①共感性が高く、好感を持たせやすい

女性同士の会話で、よく「うんうん、わかるわかる!」「そうだよね、すごいわかる!」といった「共感」の言葉を耳にしますよね。これが、営業職で強く活きてくるのです。理由として、営業の基本である「相手の話を聞く」ことに対し、女性ならではの共感性の高さを発揮することで商談相手から信頼を勝ち得たり、好感を持ってもらいやすいのです。

②細かい気配りで安心感を与えられる

一般的に、男性より女性の方が細かいことに目が行き届いたり、細かい作業が得意であると言われています。現に、女性たちはサプライズで誕生日を祝うなど、誕生日を覚えるだけでなく、相手に喜んでもらおうとあれこれ動きますよね。その気配りが、商談相手の心を動かして「この人なら頑張ってくれそう」と安心感を与えることができるのです。

③相手に覚えてもらいやすい

女性営業が珍しくない時代になってきたとはいえ、業界によっては未だに女性が営業にくることが珍しく感じたり、歴代の営業担当が男性だった場合に女性営業が後任として訪問すると印象的に残ったり、と相手への記憶に残りやすくなります。また、髪型を黒髪ストレートやオールバックスタイルにしてみたりなど、印象に残りやすい髪型にアレンジすることでさらに相手に覚えてもらいやすくなります。髪型に自由度が高いのは男性にはない大きな武器といえるでしょう。

女性営業のデメリットは?

次は、女性営業がデメリットになるケースのご紹介です。メリット同様、3つあるといえます。

  1. 御用聞きになってしまい、新規提案がしづらい
  2. 仲良く話せる相手として、ビジネスマンとして見られづらい
  3. 最後のクロージングに弱い

こちらも具体的に見ていきますね。

①御用聞きになってしまい、新規提案がしづらい

こちらは、共感性が高いが故に起きてしまう弊害といえます。相手へ共感を示すあまり、「細かいことでも要望すれば、何でもやってくれる人」として見られてしまいます。受注金額に見合わない仕事まで引き受けてしまうと、労力がかかってしまい、他のクライアントへ向き合う時間が減ってしまうためある程度の線引きも必要です。

②仲良く話せる相手として、ビジネスマンとして見られづらい

こちらは特に新規開拓営業に当てはまるケースです。決裁権者と話すところまでたどり着けるものの、相手にとってはお話相手になってしまいビジネスに繋げることが難しいのも女性ならではです。仕事相手に発展しないと感じた場合、潔く次の顧客開拓をしていきましょう。

③最後のクロージングに弱い

受注までの最終段階において、緊張とプレッシャーのあまり強く言えなくなってしまうのが女性の特徴です。商談相手が目上の男性のケースが多いため、遠慮して強気に出られなくなってしまうようです。これは営業として非常にもったいないことなので、最後まで自分に自信を持って商談に挑みましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
女性営業であることは全く不利ではありません。デメリットとうまく向き合うことで、営業として華々しい成果を残せるはずです。営業にチャレンジしたい気持ちがあれば必ず結果はついてきます!

足場工事作業員のイラスト

1,000人の経営者が認めた営業代行
月額固定費0円の完全成果報酬型で
御社の営業代行を致します!

今よりもっと売上を上げたい!
無駄な営業コストは無くしたい!

と思っていませんか?

  1. 余計な営業コストを全て削減できる完全成果報酬型
  2. 御社の業界を知り尽くした専門チームが新規開拓を代行
  3. 御社と定める商談条件を満たした高品質アポイントのみご提供

翌月から売上がUPする企業様が増加中!

今すぐ詳細を見る