営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

営業メールに返信すべき?返信する場合の書き方マナーも紹介

営業手法のひとつとして用いられる営業メール。
営業メールを送る側としては、一度に何社へもアプローチができるため、効率的な営業手法といえますね。

しかし、受け取る側としては「気になるけど今じゃないな」「正直迷惑だから送ってくるのをやめてほしい」など、メールを見て思うことは様々あることでしょう。

そこで、今回は営業メールに返信すべきか否かの判断方法と、返信メール例まで一挙にご紹介します。

営業メールに返信すべき?

営業メールに返信すべきかの判断基準としては、大きく下記の2点です。

  1. 今後の関係性を構築する必要がある相手か
  2. 将来的に取引を行う予定がある相手か

営業メールに返信しないことにより上記のような今後の関係性を崩してしまう可能性がある場合は極力返信をしましょう。

営業メールに返信すべきケース

上記の判断基準をもとに、具体的に返信すべきケースは以下の通りです。

  • 現在すでに取引をしている会社からの営業メール
  • 過去に取引をしたことがあり面識のある担当者から営業メール
  • 今のところ取引はないが、将来的に取引を検討したい興味のある内容の営業メール

取引経験があり今後の関係性を良好に保つため、もしくは今後クライアントになりうることを考えて関係性を深めるために、上記のようなケースは返信をしましょう。

営業メールに返信しなくてよいケース

逆に返信しなくてよい営業メールとは「取引をする予定がない、興味もない内容の営業メール」です。
今後のつながりもない相手の営業メールに返信することは時間の無駄になるだけでなく、営業側に対して「プッシュしたら取引してくれるかも」といった過度な期待を与えてしまうため、返信すべきでないでしょう。

営業メールに返信する場合の書き方マナー!

さてここからは本題の営業メールの返信の仕方についてご紹介します。
先述したケースにそれぞれ当てはめて見ていきましょう。

現在取引をしている会社からのメール

株式会社〇〇
△△様

お世話になっております。株式会社□□の××でございます。

新たなご提案をいただきまして、誠にありがとうございます。
内容を拝見させていただき、社内で検討しましたが、今回はお見送りとさせていただきます。

わざわざご提案頂き大変恐縮ではありますが、事情ご拝察の上ご理解いただけますと幸いです。
取り急ぎ、ご返信申し上げます。

自分の名前

社内で考えた上での決断であると伝えることで現在の取引も滞りなく行えるよう配慮をしましょう。

 

過去に取引をしたことがあり、面識のある営業担当者からメール

 

株式会社〇〇
△△様

お世話になっております。株式会社□□の××でございます。

本日はご足労いただきまして、誠にありがとうございました。
またご丁寧にメールを送っていただき、△△様のお心遣いに感謝申し上げます。

ご提案内容については、社内で十分に検討し、改めてご連絡させていただきます。

何卒宜しくお願い申し上げます。

取り急ぎご提案のお礼を申し上げます。

自分の名前

 

営業側に「押せば取引ができそうだ」と過度に期待を与えすぎないように注意して作りましょう。

今のところ取引はないが、将来的に取引を検討したい興味のある内容のメール

株式会社〇〇
△△様

お世話になっております。株式会社□□の××でございます。

この度は資料送付をいただきまして、誠にありがとうございました。
内容確認させていただき、不明点等ありましたら私よりご連絡させていただきます。

その折はご対応の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

取り急ぎ受領のご報告とお礼を申し上げます。

自分の名前

「私よりご連絡させていただきます」と次のアクションを自ら握ることが今後過度にアプローチされない工夫となっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
営業メールに返信するか否かについては、今後の関係性を良好に保てるかなど将来展望を見据えた上で行いましょう。
そして返信例を参考にして、メール作成に極力時間をかけずに効率アップできるといいですね。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!