営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

海外営業とは?必要なスキルや仕事のやりがいを紹介

近年、求人数が増加傾向にある海外営業。
中長期的にみると、国内市場ではなく海外へ市場を開拓する企業が増えてきているため、採用強化をしている職種の1つです。

今回は、海外営業の仕事について、必要なスキルややりがい、魅力についてご紹介していきます。

海外営業とは?どんな仕事をする職業?

海外営業とは、主にメーカー企業において海外の顧客や販売代理店・商社を相手に営業をする職種のことを指します。
営業スタイルとしては、

  1. 日本国内で業務を行いながら年に数回程度の海外出張へ行く
  2. 海外へ駐在して顧客と直接対峙する

の2種類に分かれます。
基本的には、入社後は①のスタイルをとることが多く、経験を積んで任期付で②のスタイルへ移行することが多いです。
日々の業務は、新規開拓をすることもあれば、既存顧客に対しての営業を行うなど、日本の営業職と大きく変わりはありません。

海外営業職のやりがいはどんなところにある?

対峙する顧客先が海外企業のため、日本の商品を海外へ広めるという重大な使命を担う海外企業。
そのやりがいについては、主に下記3つといえるでしょう。

1)異文化交流による成長実感を味わえる

日々関わる人々と言語も違えば、カルチャーも違います。
その環境に慣れることは大変ですが、日本以外でも活躍できる人材である実感が徐々に湧いてきます。
グローバルの舞台で日々研鑽しているからこそ、コミュニケーション能力に長けてきたり、異なる環境への順応性も培うことができます。

2)自身の仕事が役に立っていることがわかりやすい

とりわけ、自社商品を初めて海外へ展開する場合に実感しやすく、大手メーカー勤務であればニュースに取り上げられることも増えてきます。
大きなプレッシャーもありますが、自分の仕事が国境を越えて世界から必要とされているんだ、と自覚を持てること瞬間が多いのも海外営業の特徴です。

3)自分の持てるスキルをフル活用できる実感が持てる

営業として必要なコミュニケーション能力だけでなく、英語力も活かしながら行う海外営業。
自身の人生でこれまで培ってきたものを惜しみなく発揮できる仕事はこれ以上ないといえます。
頭をフル回転させながら、海外を舞台にダイナミックができることに充実感を覚えてることでしょう。

海外営業に必要なスキルって?

仕事内容から必要なスキルが想像できるかと思いますが、必須スキルは「英語力」になります。
TOEICは800点前後あることが望ましいですが、それ以上にどの程度の英会話レベルにあるのかについてが重要です。
最低限でも日常生活レベル程度の英語力は求められます。
学生時代に留学経験などがある方は面接時でアピールすることで、面接通過率もアップしていきます。
また、募集要項によっては、英語以外の言語を求められることもあります。
いずれにせよ、日常生活を卒なくこなせる程度の言語力が必要となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
学生時代に英語を学んでいたにもかかわらず、現職では英語を使う機会がなくてモヤモヤする人や、今後のビジネスマンスキルを向上させたい人にはぜひ海外営業として働くことも視野に入れてみてください!
自身のキャリア発展に大きな影響を与えること間違いなしです!

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!