営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

営業代行サービス会社の企業別の特徴をお伝えします!

今回は営業代行サービスを提供している会社のそれぞれ特徴をご紹介します。

営業代行サービスもいろいろあるから分からない…と良く耳にすることが多々あります。

企業ごとにサービスが異なりますので、今回の内容で大まかにでも大枠を理解していただけたらと思います。

営業代行サービスを提供している企業

営業代行サービスを提供している企業は近年増え続けており、形態もそれぞれ異なります。活用するからにはニーズに合致した選択をしたいところです。ただ、HPを見ても、どれも同じようなサービスと印象を受けることも多いかもしれません。そこで今回は、大枠を理解していただく為にも、HPを見て理解する上でも、参考にしていただければと思います。それではサービス事例などを簡単にご紹介させていただきます。

営業代行の企業別特徴

営業代行サービスは様々な特徴があります。以前にもこちらのブログで記載させていただきましたが、企業ごとに異なります。その特徴は大きく分けて2つあり、1つ目に商談をご提供するサービスです。こちらのご訪問は企業様の営業のご担当の方になります。2つ目に訪問までを代行を行うサービスです。こちらはアポイントを取得した後、そのアポイントまで対応をすることになります。それぞれ特徴がある中で、どのサービスが企業形態と合致をするか見極めなくてはいけません。では下記で、商談までのご提供、訪問までのご提供の違いをご説明させていただきます。

商談のご提供(テレアポ代行)

ここでは商談までのご提供の営業代行サービスについてご説明させていただきます。

商談までのご提供となりますので、あくまでも実際にご訪問していただくのは企業様の営業のご担当者様になります。営業代行サービスを依頼するメリットとして、人材費用の削減、効率化を図る為に依頼するケースが多いです。また新規開拓のやり方が分からないと仰る方もおられます。そこで、テレアポ代行会社は商談をご用意させていただき、見込みのある企業様に対してアポイントを獲得し、営業効率化を図るのです。新規開拓のやり方が分からないが商談さえあれば自信がある会社様でしたり、営業ノウハウを社内に築きたいと仰る企業様は商談のみの提供で対応できるケースが多いです。商談は売りたい商品の知識が最低限必要になるものです。そして、それが直結的に買う側への最大限の価値となるのです。これらを考えると、企業に1つのメゾットを構築することがこちらの商談の提供における1つのメリット効果でもあります。

代理店(訪問代行)

続いて訪問代行までのサービスについてです。

商談代行と訪問代行には決定的な差があります。商談の代行は商談までの設定を代行していました。それに対して訪問代行は商談までを代行することとなるのです。すべて一括での対応が可能となるので、依頼する側は商品に対しての質をあげることに集中することができます。ただし、こちらは上述もしたように商談も代行をするので、どうしても知識の理解や価値を生み出す側面からみると、かなりハードルが高いものになってしまうケースが多く見受けられます。それぞれメリットや仕組みを理解することが重要です。

営業代行企業別特徴(テレアポ代行)

こちらでは商談代行のサービスでのそれぞれ企業の特徴をまとめさせていただきましたので、ご説明していきたいと思います。成果報酬型サービスもあれば、固定報酬型のもあり、商談代行も様々です。また、代行サービスの特色として、AIを使うものや、BtoC向けのサービスもあります。それではサービスの詳細についてみていきましょう。

固定報酬型

こちらは固定報酬となっており、月額~の形態となっております。月で費用が決まっているため、予算的に限られていることや、決まった予算で依頼をしたい場合に活用することで効果があるものと考えられています。ただ、成果が出ない場合でも費用は発生する為、十分に検討した上での対応が求められます。

成果報酬型

こちらは成果に応じて費用が変化するものになります。成果がでない場合には費用を発生しません。極端な例ですが、月のアポイント提供件数が0件だったとします。成果報酬型の場合はこちらの場合費用は発生しません。ただ、会社によっては、受注に至った際に、固定報酬型よりも高くなることがありますので、事前にチェックをしたいところです。

企業別特徴

こちらでは大まかに各企業での、サービス内容についてご説明させていただきます。

1つ目は営業関係全てを網羅しているサービスです。こちらは営業のコンサルティング、テレアポの代行など幅広く対応しております。もちろんその分、費用なども高くなることが多いですが、成果の部分にフォーカスすると確かな成果を残せると考えます。ただこちらは企業のサービス内容によっては、あまり機能していない部分があるのも現実です。幅広く対応しており、且つ費用も安いなどが例としては挙げられると思いますが、企業の仕組みを理解することが非常に重要です。

そして2つ目にテレアポ代行を主にサービス展開している会社です。こちらはテレアポをメインに活動しております。もちろん、希望の方に対しては営業コンサルティング面も対応はしております。プラスアルファの要素で営業コンサルティングとなるので、費用面では抑えられるところが1つのポイントになるかもしれません。

3つ目に主にテレアポ代行をBtoCで展開している会社です。法人企業様向けのテレアポ代行会社が比較的に多い中で、このようにBtoCの対応ができる会社はあまり、多くはなく、要望がある企業にとっては貴重な存在になります。

4つ目にリストに対しての費用が発生する企業もあります。上述にて、固定報酬型、成果報酬型などについてご紹介しましたが、こちらは初期費用や、ランニングコストが発生しない分、コール件数や、リストの数に対して費用が発生する仕組みとなっております。企業の戦略において検討される際は1つの手段かもしれません。

そして5つ目に人工知能による、リストの選定などにも対応されている企業もあります。効率化を図るうえで、近年はAI導入が増えています。選定などをAIを利用して、新規開拓営業をするのも可能性としては大いに期待ができる面もあります。

以上大まかに5つほどの企業別サービス内容をご紹介しましたが、それぞれの費用感やサービス内容など異なります。ニーズにあった選定をされることが必要不可欠であり、仕組みなども理解して営業代行会社を選定していきたいところです。

まとめ

如何でしょうか?

様々なサービスが各企業により展開されていることがお分かりになられたと思います。

営業代行サービスを選択する上で、1番に考えなくてはいけないことは、ニーズに合致した企業を選択することです。今回は大まかにサービス内容をご紹介してきましたが、まだまだ営業代行サービスは豊富にあります。今回のご紹介を含めて、それぞれの会社の仕組みを理解した上で、最適な選択をしていただけたら幸いです。

足場工事作業員のイラスト

1,000人の経営者が認めた営業代行
月額固定費0円の完全成果報酬型で
御社の営業代行を致します!

今よりもっと売上を上げたい!
無駄な営業コストは無くしたい!

と思っていませんか?

  1. 余計な営業コストを全て削減できる完全成果報酬型
  2. 御社の業界を知り尽くした専門チームが新規開拓を代行
  3. 御社と定める商談条件を満たした高品質アポイントのみご提供

翌月から売上がUPする企業様が増加中!

今すぐ詳細を見る