営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

営業職は高卒でもできる?高卒で営業マンになって稼げるのか解説

憧れの営業職に就きたいけれど、高卒の自分では難しいかもしれない…と思われる方もいますよね。
大卒の営業マンとは給料なども異なるのでしょうか。
差異があるのはもちろんだとは思いますが、高卒が営業マンとして働くことはできるのでしょうか。
また、営業マンになって稼ぐことはできるのでしょうか。
気になることばかりですね。

今回は高卒採用の営業職に焦点を当てて、解説していきます。

営業職は高卒でもできる?

結論から述べると高卒でも営業職になれます。
有形商材、無形商材問わず高卒採用でバリバリと営業活動をしている営業マンは多く存在します。
高校卒業してすぐに顧客の前に一人で立つことはもちろんありませんので、先輩営業マンと一緒にOJT形式で仕事のいろはを学んでいきます。
社会人としてのマナーも含めて多くのことを教わってから少しずつできるところから独り立ちしていきます。
この流れは大卒だろうと同じで、初めて社会に出る人にとってごく普通の流れとなります。
そういった研修などを通じて高卒採用の人もいずれはトップ営業マンとなる素質を磨いていくのです。

高卒採用で少し不利に働く点としてはどうしても若く見られてしまうため顧客から信頼を得にくいというところです。
ですから、そういった不安を煽らないような、言葉遣い、仕事のスピード、豊富な知識など、人よりも留意する必要があると考えた方が良いでしょう。

高卒で営業マンになって稼ぐことはできるのか

高卒と大卒などを含むいわゆる新卒とではスタートラインとなる基本給の金額が異なります。
ですが、営業職ではインセンティブで稼ぐことのできる形態がとられているケースがあります。
高卒で就職を目指しているみなさんは、求人票をよく見て、どういった給与形態がとられているのか確認する必要があります。

ここまでの話の中で、営業職に学歴は関係ないということがよくわかると思います。
学歴よりも力量を重視されるため、頑張れば頑張るほど、結果に繋がっていきますし、収入にも反映されていきます。

たとえば、不動産営業などであれば、契約に応じたインセンティブが収入として得られます。
一件ごとの契約金額が大きいため、必然的にインセンティブも大きくなる傾向にあります。
しかし、平日休みで土日は働く必要があるなどデメリットもあります。

先にも述べたように、高卒採用ですと基本給が少なく、初任給は15万円前後と言われています。
15万円だとなかなか自立して生活していくことも難しいでしょう。
しっかりと経験を積んでインセンティブに繋げていくような働き方を目指すと良いでしょう。

また、月に2回土曜出社をすることで別途手当がつくという制度をとる企業もあるようです。
固定給にプラスされて、そういった手当の状況がどうなるのかもリサーチしておく必要がありますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
高卒採用でも営業マンとして活躍することはもちろん可能ですし、中でもトップ営業マンになる可能性も十分にあるということをおさえておきましょう。
高卒だから…と不安に思うとしても働き始めてからほんの少しの間だけです。
入社してほどなくして一人前になって、多くの業務に取り組み、充実した収入を得られるようになれば自信もついてきます。
頑張ってくださいね!

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!