営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

プログラミングができる営業マンが最強と言われる理由は?

近年、小学生という子供から通える教室があるほど注目が集まっている「プログラミング」。
プログラミングは現代において重要なスキルであり、自分の武器になるためできるようになりたいと考えている方も少なくないのではないでしょうか。
最近はプログラミングができる営業マンが重宝されることも多いですよね。

今回はプログラミングができる営業マンが最強と言われる理由についてまとめてみました。

プログラミングとは

「プログラミング」という言葉はよく耳にしますし、学んでおきたいスキルの代表的な存在とも言えるくらい有名です。
プログラミングは義務教育でも必修化となるほど、現代多くの人の関心を集めています。

しかし、プログラミングとは具体的にどういうことができる技術か、きちんと知らないという方は少なくないのではないでしょうか。
そこでまずはプログラミングについてご説明します。

プログラミングとは、シンプルに言えば「コンピューターへの指示を書くこと」です。
コンピューターは、ひとつひとつの動きを順番に命令することで動いています。
プログラミングができれば、ウェブサイト制作・スマートフォンのアプリ開発・ゲーム開発などができるようになります。

また、コンピューター・スマートフォンだけでなく、IoTの活用など、いまやITは身近でなくてはならない存在です。
ITの需要はまだ拡大が見込まれ、基本ともいえるプログラミングは、これからの時代に必須のスキルといえます。

プログラミングができる営業マンが最強と言われる理由は?

近年、プログラミングを学びたいという営業マンが増えており「プログラミングができる営業マンは最強」と言われます。

IT業界の営業マンであればプログラミングは関係ありそうですが、非IT業界の営業マンでもそのように言われるのでしょうか。
では、本題であるプログラミングができる営業マンが最強と言われる理由について、考えてみました。

IT系の商品への理解が深い

IT業界の営業マンやIT系の商品を扱う営業マンであれば、プログラミングを学ぶことによって、扱う商品の理解が深まります。
プログラミングがわからない営業マンとは、大きな差をつけることができるでしょう。

業務効率化ができる

プログラミングの知識をソフトに活かして、業務効率化できるというメリットが大きいです。
事務処理の時間が短縮できれば、時間を有効活用できます。

ITが当たり前の現代で活躍できる

ITの普及に伴い、今では非IT業界でもITが取り入れられているのが当たり前となりました。
なので、非IT業界の営業マンでもプログラミングスキルがあれば、簡単なツールが作れるようになり、強みになるでしょう。
さらに、営業マンに限らず、職種関係なくプログラミングのスキルは望ましいとされています。

営業にプラスアルファの付加価値

プログラミングという専門的スキルを身につけることで、自分に付加価値が生まれます。
プログラミングを学びたい営業マンの中には、エンジニアへの転職を考える人も多いです。
営業マンより専門的な仕事につきたいという人に、IT業界やエンジニアへの転職先は人気があります。
また、アプリ開発やウェブサイト制作などの副業を始めたいという営業マンも多いです。

論理的な思考力が備わっている

順番に指示を組むプログラミングは、論理的な思考力を鍛えます。
論理的に考えることは、問題に直面したときに解決の過程をいくつも考え、その中から最適なものを選ぶという問題解決におけるスキルも高まります。
営業マンにとって、問題解決スキルは身につけておきたいですよね。

また、論理的な思考力を鍛えるという点は、プログラミングが義務教育での必修化となった理由でもあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
プログラミングができる営業マンが最強と言われる理由についてまとめてみました。
これからの時代、非IT業界の営業マンもプログラミングは学んでおきたいスキルのひとつです。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

足場工事作業員のイラスト

1,000人の経営者が認めた営業代行
月額固定費0円の完全成果報酬型で
御社の営業代行を致します!

今よりもっと売上を上げたい!
無駄な営業コストは無くしたい!

と思っていませんか?

  1. 余計な営業コストを全て削減できる完全成果報酬型
  2. 御社の業界を知り尽くした専門チームが新規開拓を代行
  3. 御社と定める商談条件を満たした高品質アポイントのみご提供

翌月から売上がUPする企業様が増加中!

今すぐ詳細を見る