営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

採用業界が営業代行を活用する前に必ず知っておきたい知識

採用業界の営業は企業が人材の募集する為の手段を提供したり、人材を募集している企業に対して人材を紹介してあげる職種です。企業側からはあんな能力の人を採用したい、こんな経験を持っている人を採用したいと、採用には様々なニーズがあり、企業は自力で人を採用できれば良いのですが、なかなかそううまくはいきません。そこで、企業の採用支援のサービスを専門で行う企業があります。

今回は採用業界の中でも大きな割合を占める人材派遣業に絞り、営業代行の活用方法についてご紹介させて頂きます。

この記事をお読みいただくことで、人材派遣業が営業代行サービスを上手く活用する際にどのような準備が必要なのか?どのように営業代行を活用すれば成果に繋がるのか?といった観点でお役立つ内容になっていますので、ぜひ最後まで記事をお読み下さると幸いです。

 

派遣業(採用業界)の近年の変化

人材派遣業といっても、得意な業界や業種・サービス内容は会社によって様々です。まずは、人材派遣業界全体の傾向について、簡単にご説明させていただきます。

近年の人材派遣業界全体では平成27年の労働者派遣法の改正が話題となっていますが、その他にも女性雇用者の増加や、AIの導入によって世の中全体の働き方が変化しています。また、国内の高齢化社会に対して若い外国人労働者の増加もその変化の一部といえます。

人材派遣業の特徴は、良くも悪くも正社員と同じような勤務体系ですが、正社員採用ではないということです。よって求人企業側としても短期雇用か長期雇用かの選択が出来ることが大きな利点となっています。しかしながら派遣だけではなく、紹介予定派遣という採用を意識した派遣を雇う企業も増えており、いかに企業側にとっての採用メリットとなりうるサービスを扱っているか、案内が出来るかどうかが重要なポイントなっています。

あなたの会社は現代の人材派遣業界の中で、どのような立ち位置にいて外部に営業出来ているのか、改めて自社の強みと弱みを把握することは、他社との差別化を図る重要なポイントとなり、営業代行サービスを行う中でもアプローチ部分で活用できます。

 

人材派遣業が営業代行を活用する前の事前準備とは?

人材派遣業界全体の傾向や、自社サービスが持っている強みや他社との差別化について分析してきましたが、人材派遣業が営業代行を活用する前に、自社が営業活動を行い、アプローチすべき相手(=ターゲット)はどのような企業なのか?さらに、その企業の中でもどういった部署・役職などの立ち位置にいる人物なのかを事前に理解しておくことで、営業代行を依頼してから成果に繋がるまでのスピードが短くなります。

 

人材派遣業のターゲット設定の重要性

人材派遣業では各々の得意な業界や業種が分かれているケースが多く、事前にターゲットが絞られてくることも多くあります。

しかしながら企業ごとによって強みは異なるため、その特徴を活かしたアプローチを行う必要があり、営業代行を活用するにあたってターゲット選定は、その営業が上手くいくいかないを決める最大のプロセスでもあります。

 

人材派遣業のターゲット設定方法

今回は営業代行サービスの中でも効率よくアプローチが出来る業界に分けて、具体的にどのようなターゲットにアプローチすれば良いのかをご説明させていただきます。

  1. 製造業

主に工場や製造現場で活用されるケースが多く、派遣会社には短期、長期採用に対応できることが求められるケースが多いです。外国人派遣も積極的に活用している企業も多くみられます。営業代行サービスでアプローチを行う場合は50名以上にアプローチを行うことをお勧めいたします。

  1. 運送業

倉庫の軽作業やリフトマン、補助スタッフとして現場で活用されるケースが多く、必要な時期が確定していることも多いので、一度アプローチをして募集のタイミングをヒアリングしておくと、その後のフォローやアプローチを行いやすくなる傾向があります。こちらは規模感としては20名以上のアプローチを行うことをお勧めいたします。

  1. 業界問わず

事務派遣であれば業界を問わずアプローチが可能です。一般企業以外にも税理士法人、等、企業規模も少人数へのアプローチも可能です。こちらは長期的な見込み客となる確率も高いので、基本的には見込み度の高い先とのお付き合いに向けたフォロー面が重要となります。

 

上記の案内は全ての会社に当てはまるわけではありませんが、当社がこれまで多数の人材派遣業の会社に営業代行サービスをご提供させていただいた中で、成果の出やすい成功パターンとなっています。

営業代行を活用する際の情報として利用するだけではなく、今後自社で営業活動を行っていく場合にも活用していただければ幸いです。

 

人材派遣業の営業代行成功事例

【人材派遣業A社の事例】

人材派遣と請負事業を行っている会社で、今まで地域密着型営業を行ってきたが、付き合いのある会社の急な倒産等の理由で会社全体の売上維持が困難となってしまいました。

製造業の派遣に特化していた会社だが、周辺地域の派遣業と比べても実績としては優れていた為、実績を活かしたアプローチを行うこととし、今までのエリアよりも拡大して新規営業を行った結果、その実績をもとに評価してくださる企業とお付き合いが増え、継続的にご活用いただける企業様とのお付き合いが複数社増える結果となりました。

 

【人材派遣業B社の事例】

既存の日本人派遣事業と共に新たに外国人派遣事業を行うことになった会社ですが、外国人派遣事業の成長が芳しくなく、営業の手立てに困っていました。さらに既存の顧客を中心に外国人派遣紹介を行っていたが上手くいかず、営業人数が変わらない中で新たな事業がスタートし、新規開拓に時間を回すことが出来ていませんでした。

既存の日本人派遣事業と外国人派遣事業の新規アプローチの部分を全て弊社にお任せいただき、B社の営業の方は既存の派遣先企業と派遣者社員様のフォローと新規の商談のみに集中して頂くことよって、効率的に新規開拓営業を行うことが出来ました。その結果今では両方の事業共に安定して新規の顧客を獲得しております。

 

人材派遣業の営業代行成功事例としてA社、B社の事例を紹介させていただきました。この両社に共通する点として、新規開拓営業に掛ける時間を自社だけでは割くことが出来ていない点がありました。営業代行サービスを活用することによって、新規開拓営業に掛ける労力と時間を削減できたことによって、効率的に成果につなげられることが出来ました。

 

まとめ

今回は人材派遣業の会社が営業代行を上手く活用する方法について紹介しました。

現代の人材派遣業においてはテレアポや飛び込み営業を行っている企業が多くあり、今回のご案内の中でもすでに実施済みな点もあったかもしれませんが、改めて自社で行っている営業について考えて頂くきっかけとなれば幸いです。

実際にこれから営業代行サービスを検討される方、今活用をしているがなかなか結果が出ずに苦戦している企業様へ少しでもご参考となればと思います。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!