営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

太陽光発電業(建設業)が営業代行サービスを活用する際にお役にたつ情報

太陽の光を利用して電気を作る「太陽光発電」。最近はテレビなどでも取り上げられることが増え、太陽光発電の認知度はどんどん上がっています。

町を5分も歩けば、太陽光発電を設置している家や工場・倉庫などを見かけます。

今回は太陽光発電業について、営業代行会社にお願いをする前に準備しておくべき点についていくつかご紹介させていただきます。

自社の新規開拓営業の現状に疑問や課題を持たれている方や、営業代行サービスを検討している方向けにお役に立つ情報をお伝えさせて頂きます。今後の営業活動のご参考としてご活用ください。

 

太陽光発電業 営業代行

 

太陽光発電業の現状

太陽光発電とは、「太陽電池」と呼ばれる装置を用いて、太陽の光エネルギーを直接電気に変換する発電方式です。

現在、日本は、石油や石炭などのエネルギー資源のほとんどを諸外国からの輸入に頼っていますが、こうした化石燃料は使い続ければいずれなくなってしまうもの。

太陽の光という無尽蔵のエネルギーを活用する太陽光発電は、年々深刻化するエネルギー資源問題の有力な解決策の一つです。

繁忙期は毎年年明けすぐで、駆け込み需要でバタバタするのが太陽光発電業界の通例です。 「どうせ太陽光発電を買うなら、少しでも高い売電価格を確保したい」と考えているような前向きな企業に向けた営業活動を行っていく必要があります。

今回は太陽光発電業の会社が営業代行サービスを活用する前に、何を準備して、どのように活用すればよいのか?

そういった観点から営業代行サービスを検討したいと考えている方にはお役にたてる情報も掲載しておりますので今後のご参考にして頂けると幸いです。

 

太陽光発電業の営業代行サービス会社活用前準備について

ここまでは太陽光発電業の背景についてお伝えしてきましたが、ここからは太陽光発電業の会社が実際に営業代行サービスを活用する際に必要な準備事項についてお伝えさせて頂きます。

営業代行サービスを活用するにあたって、まずは自社の営業活動の目標を決め、自社の強み弱みを把握し、その上で競争に勝つための市場、つまりターゲットを明確に設定する必要があります。

自社のターゲットを明確にし、改めて自社の目標や営業代行サービスを活用する目的について考えることは営業代行サービスを活用する際に重要な点です。

ターゲット先が明確に決まりましたら、次は営業代行サービスにはどのような強みやメリットを持った会社があるかを調べ、自社に合う会社を選定します。

 

太陽光発電業会社の営業代行サービスを活用した目標設定

営業代行サービスを活用するうえで最も重要なことは自社の営業活動の目標設定を明確に決めることです。

  • 一般住宅への飛び込み営業を行っているがなかなか成果につながらない、売上も大きい企業向けのサービスを行っていきたい
  • 地元周辺のエリアでは不動産会社のとの関係性も確立しているが、もっとエリアを広げて新規開拓をしていきたい
  • 建設会社の下請けがメインなので、今後はエンド企業にアプローチを行いたい

こういった目標を立て、営業代行サービスを活用することで自社が普段アプローチをしないようなターゲットにもアプローチをすることが可能となります。

このようにまずは自社の現状の営業活動に対して、今後どういう営業をメインにおこなっていきたいのか?

どういった強みが自社にあるのか?

その強みを活かしたアプローチはどのような企業が対象となるか?

改めて整理することで、営業代行サービスに対しての明確な目標設定が可能となります。

 

明確なターゲット先の選定

それでは次に自社がアプローチをするターゲットを決めていきましょう。

太陽光発電業の場合ターゲット先は一般住宅から大型の工場やマンションといった建築物まで幅広いアプローチ先があり、全てを同時にアプローチすることは現実的に厳しいです。

そこで自社の目標を達成する際の明確なターゲット先を決めていきましょう。

いくつか例を挙げさせていただきます。

 

1.工場

全量売電型と自家消費型によって異なりますが、全量売電の場合は利回り10%ほどの投資効果があり、発電ビジネスとして提案することができます。

発電した電気を自家消費型の場合は電力会社からの電気の購入を減らすことにも繋がり、エネルギーコストのダウンにも貢献することが可能です。

さらに、災害時・停電時の電力の共有や遮熱効果もあり、主に工場の屋上に設置される機会が多いです。

 

2.公共施設・学校

公共施設や学校に設置する際には災害時の非常用電源として期待できるだけでなく、工場と同様に遮熱効果もあります。

また、子供たちが太陽光発電を身近に感じられる機会を作ってあげることは、将来的な環境、エネルギー問題への意識向上に繋がる傾向も見受けられます。

 

3.その他施設

上記以外にもマンションや商業施設等、太陽光発電に関しての対象先は多くあります。

例えば商業施設でいうと店舗屋上に設置する方法以外にも、透過する歩道上の日除けなどに用いる事例も増加しています。

また、デザイン性にも優れてきており、複合商業施設や建造物、繁華街の中心部にある店舗などで活用されるケースも増えてきました。

 

今回お伝えしたアプローチ先は、すでに自社でもお付き合いのあるところがあったりすると思いますが、営業代行サービスでも上記施設に対しての新規アプローチは有効的であり、受注に繋がる確率も高いターゲットとして挙げられます。

現状の営業活動の中で自社の強みを活かしたターゲットはどこか?自社の目標に沿ったターゲット先となっているか?

改めて自社の営業について考えてみましょう。

 

成功事例

太陽光発電業会社A

関東エリアで太陽光発電システム施工・設計、販売を行っている会社で、余った土地、使っていない土地などを有効に活用して頂けるような野立て設置の提案を行っていました。

この度東海エリアへ進出することが決まり、事務所設立前から動きを開始していきたいとのご要望で営業代行サービスを活用いただきました。

実際に不動産売買を行っている企業にご連絡をとり、事前に有効的にご提案可能な土地の有無を確認させて頂きました。

その中から見込み度の高いご商談を毎月10件ずつご提供させて頂き、事務所立ち上げ1か月目から安定した件数の受注を挙げることに成功しました。

 

太陽光発電業会社B

もともとBtoCに向けた太陽光発電事業に力を入れてきた企業でしたが、会社の方針として売り上げ規模を大きく上げていきたいという話から、新しいエンドユーザーに向けた太陽光発電事業を提案していきたい。

今回はBtoBに特化した営業代行サービス事業を行っている会社にお願いをしたいということで弊社にご依頼いただきました。

この会社で新電力自由化にあたっての提案や、補助金を活用した省エネの提案にも力を入れており、まずはエンドに向けたパンフレット、提案書の作成、HPのリニューアル等のお手伝いをさせて頂きました。

その上で今回は工場や病院といった大型施設への商談を毎月5件ずつ提供させて頂き、始めの方は慣れない企業への商談にも苦戦していましたが、既存事業との提案内容の組み合わせによって徐々に成果に繋がるようになり、毎月安定した売り上げを挙げることが可能となりました。

 

A社、B社に共通して言えることは、営業代行サービスの活用によって、新規開拓営業に関わる時間の削減につながり、会社の成長と共に、新規顧客営業の成果を出すことが可能となりました。

 

まとめ

今回は太陽光発電業の方に営業代行サービスを検討する際の注意点についてお伝えしてきました。

実際に今営業代行サービスを検討している方や、これから検討していこうと考えている方のご参考になればと思います。

また、弊社は法人向けの営業代行サービスを専門で行っております。

ご不明な点等があればお気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!