営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

【広告業】看板製作業が営業代行を活用するための事前知識

今までの広告媒体は、テレビ・ラジオ・雑誌・新聞の4種類主力でしたが、現在はインターネットが普及したことで、広告のデジタル化やインターネット向けの広告作成を出す企業も多くなり、結果的に広告業界に大きな影響を与える結果となりました。

看板製作業もその影響は受けており、特にこの業界はどの企業も料金や価格に対しては凄くシビアで、自社の商品を販売したり、サービスを提供したりする際に価格競争に陥ることも多い業界です。
価格競争に陥らない為には、

  • 紹介を多くもらう
  • 大手得意先を増やし仕事の頻度を上げる
  • 自社の知名度を上げる

等の取り組みが必要となります。
しかしながら、これらを実現するためには、新規開拓営業に対して積極的に取り組んでいく必要があります。

また、昨今の看板製作会社はまだまだ飛び込み営業も多く、営業の効率化に悩む経営者の方も多い業界になります。

  • 飛び込みの数は行っているが、なかなか成果に結びつかない
  • 大手得意先を増やしていきたいが、新規開拓営業が上手くいかない。

今回は、こういったお悩みを持った看板製作業界の皆様に、新規開拓の為の営業代行サービスの活用方法についてご紹介させて頂きます。

自社営業にお困りの方もそうでない方も、営業代行サービスによって現状の営業の効率化を図るとはどういうことなのかという観点において、今後の営業活動の参考にしていただければと思います。

 

看板製作業(広告業界)へのニーズの変化

看板広告を行うことの目的としては、サービスの認知度の向上や人をある目的まで誘導したりすることにあります。

その中で野点看板や、サイン、LEDなどの光る看板などその広告の目的毎に多様な種類の看板があり、自社の看板を外注する際も看板製作会社に直接頼むケース以外にも、広告代理店等に頼むケースがあります。

また、この業界の社長様の中には、元々デザイン系の会社に勤めていた経験を活かして、デザイン系に特化した看板製作会社や、電気工事を行っていたことから施工に関しての強みを持っている会社など、企業毎によってその強みは様々なことも多くあります。

また、社長様が営業を行っており、その他施工スタッフが数人いるという小規模運営を行っている企業も多いのがこの業界の特徴になります。

看板製作業は特に強みが細分化されている業界であるため、

  • どういったニーズに対して自社の強みを活かすことが出来るのか?
  • 他社との差別化が出来るポイントはどこなのか?今のクライアントはどういった業種業界が多いか?

など、改めて自社の強みについて整理することは、営業代行サービスの活用においても重要な点になります。

 

看板製作業の営業代行で他社との差別化を図るためには?

ここからは自社の強みを活かして営業代行サービスを活用する為にはどの部分に着目すべきかというテーマでお伝えいたします。

ここまでお話してきた内容をご参考にしていただき、自社の強みを分析していただけたでしょうか。

自社の強みを分析していく中で、新規開拓営業に向けた様々な疑問が浮かんでくるのではないかと思います。

例えば、こういった疑問が挙げられます。

  • 強みを活かした新規開拓営業を自社で実現可能なのか?
  • 今は下請けの仕事が多いので、そこから脱却する為にはどうすればよいか?
  • 大手企業へのアプローチを行っていきたいが自社の強みをどう活かせばよいか?

など、出てくる疑問の内容は会社によって様々だと思いますが、今まで新規開拓営業を行った経験が無い看板製作会社はこういった疑問を抱えることが多いです。

これらの疑問を解決するためには、自社で一から新規開拓営業を行っていく中で解決する場合もありますが、迅速かつ効率的に解決を望む場合、営業代行会社に依頼することが早いです。

営業代行会社の中には、しっかりとヒアリングを行い、自社の強みを洗い出した上で営業活動を代行してくれる会社も多くあります。

いきなり自社で全ての新規開拓営業を行うのではなく、まずは営業代行会社に相談だけしてみるのも、営業代行会社の使い方としては有効な手段です、

看板製作会社が営業代行サービスを活用する場合、今までお話してきた自社の強みをしっかりと反映させた営業トークの作成が必要です。

一般的に、看板製作会社が新規開拓営業を行う場合、競合他社との相見積もりに勝っていくことで、小さな信頼を得て仕事を増やしていくことが多いですが、これでは価格勝負になってしまうことも多く、関係性の持続が厳しいケースが多いです。

価格勝負になることが悪いことというわけではありませんが、価格以外に競合他社に勝てるポイントが無いため、価格において競合他社に負けた場合、すぐに契約を打ち切られてしまうことに繋がります。

いつ契約を切られてしまうのか予想ができず、営業的にも精神的にも大きな負担を強いられます。

だからこそ、実際に営業代行サービスを活用する際は、今までお話してきた自社の強みをしっかりと反映させた営業トークの作成が必要であり、営業トークの精度によって価格競争に巻き込まれにくいターゲットを選定することが重要になってくるのです。

 

看板製作業の営業代行成功事例

看板製作業A社の事例

この会社は設立年こそ古いが大手企業との取引はなく、年々仕事の量が減ってきていました。

営業担当者は常に時代に合わせた提案を行っていると思っていましたが、結果としてなかなか新たな取引先との契約に結びつかずに悩んでいました。

当社が営業代行を実施させていただくにあたり、長年の経験より職人の技術は確かなものであったため、新しい商材を提案していくことよりも、A社の技術力の高さを強みにした営業トークに変え、再度見込み先に対して提案を行ったところ、A者の歴史と技術を評価され、大手企業からの小さい仕事が少しずつ増えていった結果、大手企業との強い関係性を築くことに成功しました。

看板製作業B社の事例

この会社は人数規模は大きくないが、自社工場を持ち、制作から施工まで1社で完結出来ることを強みとしていました。

現状の仕事量に対して不満あったわけではありませんが、付き合いのある同業他社の数が徐々に少なくなってきていることに対して危機感を覚えていたことで当社に依頼が入りました。

新たに新規開拓営業を行うに当たって、社内の営業リソースが不足していたことで、社長自ら営業を行うことになりました。この社長は以前デザイン系の仕事についていたため提案内容が優れており、県外の観光施設へ向けたアプローチを行ったところ、社長の企画が採用されて新たな取引を得ることができました。

 

看板製作業の営業代行成功事例としてA社、B社の事例を紹介させていただきました。

この両社に共通する点として、新規開拓営業に掛ける時間を自社だけでは割くことができていない点がありました。

営業代行サービスを活用することによって、新規開拓営業に掛ける労力と時間を削減できたことによって、効率的に成果につなげられることが出来ました。

 

まとめ

今回は看板製作業の会社が営業代行を上手く活用する方法について紹介しました。

自社の強みの再認識や、現状自社で新規開拓営業を行っている方に対しては少しでも自社営業スタイルについて考えるきっかけになれば幸いです。

また、実際にこれから営業代行サービスを検討される方、今活用をしているがなかなか結果が出ずに苦戦している企業様へ少しでもご参考となればと思います。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!