営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

営業マンの歩合率の相場はどれくらい?

営業マンは、一般的には「頑張った分だけ給与に反映される」仕事であるため、頑張りが報われやすい職種といえます。
多くの会社では、歩合を設けた給与形態となっており「とにかく稼ぎたい!」と考えている方にはぴったりです。
とはいえ、営業マンがもらえる歩合はどのくらいになるのか疑問ですよね。

そこで今回は、営業マンの歩合率の相場はどれくらい?と題して、その実態についてご紹介いたします。

営業マンの歩合とは

営業マンの歩合とは、インセンティブとも呼ばれ、自身の目標達成や大型案件の受注をした際、会社から「頑張ったご褒美」として、通常の給与にプラスαとして支給されます。
会社によっては、お金としての反映ではなく、商品券などのお金の代替品や、営業マン自身が欲しいものを歩合の代わりとする現物支給をするユニークな会社もあります。
いずれにしても、会社からの日頃の頑張りのご褒美として報いを得ることには変わりはありません。

営業マンの歩合率の相場はどれくらい?

営業マンの頑張ったご褒美として支給される歩合ですが、実際の歩合率はどのくらいなのでしょうか?

今回は、一般的な歩合である給与プラスαの現金支給の場合について、ご紹介いたします。

一般的な営業マンの歩合率の相場:売上目標を超えた分の10~20%

一般的な日本企業の営業マンは、固定給にプラスαとして歩合が支給されます。
固定給の良いところは、成果に関係なく給与がもらえることです。
仮に、売上が芳しくなかった場合でも、減給されることはほとんどなく、一定の給与が毎月支給されます。
もちろん売上が大きく積めた際は、歩合として支給されるので、収入を安定させながらも、プラスαの報酬がもらえます。
給与が全くもらえないリスクはないため、歩合率は大きくはありませんが、他の職種と比較すると歩合があるため、営業マンの年収は高い傾向にあります。

不動産業界・保険業界・外資系企業の歩合率の相場:売上の20~30%

不動産業界や保険業界は、一般的に歩合率が高い業界と言われています。
その背景として、一般的な日本企業と比較して給与形態を「完全歩合制」としている会社が多いためです。
完全に個人の成果主義になるので、売上を作れないと給与は下がる一方で、頑張った分だけ給与に反映されやすいのが特徴です。

また、外資系企業は、外国文化が浸透している会社ほど、成果主義な会社が多く、歩合率も高いのが特徴です。
中には、売上の40%が歩合として支給される会社もあり、年収も他の会社と比較すると高い傾向にあります。

しかし、歩合率が高い企業ほど、求められるスキルも高くなります。
その分大変な仕事となりますが、頑張った分だけ充分な報いがあります。

ただし、今回紹介した例はあくまでも一般的にいえることであり、歩合率は同じ業界でも会社によって大きく異なります。
営業マンとしての転職を考える際は、これらを念頭に置いた上で、各企業の給与形態を正確に把握しておきましょう。

まとめ

今回は、営業マンの歩合率の相場はどれくらい?と題し、歩合の実態についてご紹介いたしました。いかがでしたでしょうか?業種や企業によっても、営業マンの歩合率は異なります。営業マンとしてガッツリ稼ぎたい方は、各企業の給与形態についてよく調べた上で歩合率が高い企業に転職することで、年収大幅アップも夢ではありません!

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!