営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

営業マンなら必ず身につけるべきビジネスマナー5選

営業マンは会社の看板を背負っていることを自覚してお客様と向き合う必要があります。
実際にお客様と関わり、取引先の会社を訪れるなどして会社の商品・サービスを提案する立場である以上、ビジネスマナーはしっかりと抑えておきたいものです。

そこで今回は営業マンが必ず身につけるべきビジネスマナー5選をご紹介していきたいと思います。

営業マンなら必ず身につけるべきビジネスマナー5選

それではさっそく見ていきましょう。

営業マンが必ず身につけるべきビジネスマナー1:身だしなみ

営業マンが身につけるべきマナーとして一番声を大にしてお伝えしたいのは身だしなみです。
「人は見た目が9割」といったような言葉はよく耳にすると思いますが、実際短い商談の時間では1から10までその人の人間性や魅力について知ることができないため、第一印象である外見でほとんどの場合イメージや好感を持てるかどうかが決まってしまうのです。

  • 髪型(清潔感のある爽やかな髪型、業界にもよるが染髪は明る過ぎない程度に)
  • 服装(清潔感がありビジネスにふさわしい服装)
  • 爪(綺麗に切りそろえる、ネイルは業界によりけり)
  • アクセサリー(業界にもよるが結婚指輪など以外は基本的には着用しない)
  • その他(口臭対策、適度なメイク、髭剃りなど)

上記のように営業らしく爽やかで好印象を与える身だしなみを心がけましょう。

営業マンなら必ず身につけるべきビジネスマナー2:敬語

お客様と接する機会の多い営業マンは正しい敬語が使えないと恥ずかしい思いをしてしまいますし、「この営業さん大丈夫かな?」と不安に思わせてしまう要因になることも。
特に目上の方からは敬語がしっかり使えないとマイナスイメージを持たれやすいです。
愛嬌だけで乗り切れればあっぱれですが、敬語は正しく使うよう留意して間違った敬語を正しながら活動する方が間違いないです。
敬語は付け焼き刃で身につくものではありませんから、普段から意識して使うようにしましょう。

営業マンなら必ず身につけるべきビジネスマナー3:名刺交換

名刺交換にもルールが存在します。

  • 名刺交換は立って行う
  • テーブル越しに受け渡ししない
  • 財布からポケットから取り出さず名刺入れから取り出す
  • 受注側が先に名刺を差し出す
  • 両手で受け取る

名刺交換の場面であたふたしないようしっかり覚えておきましょう。

営業マンなら必ず身につけるべきビジネスマナー4:訪問時

取引先などに訪問する場合のマナーもとても重要です。
知らないと恥をかきますし上司や先輩にど叱られることもありますので、チェックしておきましょう。

  • 時間厳守(待ち合わせ時刻の10分前には到着、5分前にインターフォンを鳴らす)
  • 訪問先に入る前にコートなどを脱いでおき、帰りも訪問先を出てから着る
  • カバンは床に置く
  • 上司や先輩が先に入退出
  • 座って待つ場合も相手が入室したら立ち上がる

上記のような訪問時のマナーもしっかりと抑えておきましょう。

営業マンなら必ず身につけるべきビジネスマナー5:席次

上座や下座などの席次についても理解を深める必要があります。
会議室で座る時や会食の席など席次を意識しなければいけないシーンは多々あります。
複雑なレイアウトの部屋などをのぞき、基本的に出入口から一番遠い席が上座となります。
車や飛行機などでも席次がありますので覚えておきましょう。
席が指定されている場合はその指示に従って座ってOKです。

まとめ

今回は営業マンなら必ず身につけるべきビジネスマナー5選をご紹介いたしました。
いかがでしたでしょうか。今回ご紹介したマナーを一通り把握しておけばまず大丈夫です!常識を知らない営業マンだと思われてしまわないように、基本のマナーをしっかり抑え、実際のシーンで自信を持って行動できるようにしましょう。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!