営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

営業マンの代表的な職種を5つ紹介

世の中には数多くの企業や職業があります。
営業マンの中にもさまざまな種類がありますし、仕事の内容をさまざまです。
人によって業界の合う合わないもあります。

今回はそんな数多く存在する営業職の中から、代表的なものをご紹介していきます。興味のある業界があればぜひトライしてみてくださいね。

代表的な5つの営業職

ここに挙げる種類が全てではありませんが、代表的なものをご紹介していきましょう。
意外と知られていない仕事の内容もあるかもしれません。それぞれの違いも含めてご覧ください。

①人材系営業職

従来よりも転職へのハードルが下がったこともあり人材業界は今拡大されています。
それに伴い、人材系の営業職の中にもさまざまな種類がありますが、新卒対象・中途対象などでも分かれていますし、雇用主対象・被雇用対象でも分かれています。
雇用対象は飛び込み営業などもありますが、被雇用対象であれば職を探している人へカウンセリングなどを通じてサポートしていく形になります。
種類によって働き方が大きく異なりますので、人材系の業界に就職する際にはどのような働き方をしたいか明確なビジョンが必要かもしれません。

②メーカー営業職

メーカー営業職は有形商材を法人向けに営業していくことが多いです。
商社を経由することもありますが、直接営業をすることもありますので、自社製品に対する深い知識や社会情勢や営業先の現況の理解が必要とされます。

また、海外向けに営業をするケースもあるので語学に長けている人は向いているのかもしれません。

③インフラ系営業職

鉄道、電力、公共施設関連などの生活に欠かせないサービスを提供する営業職です。
生活に欠かせないことから、経営状態が安定している傾向にあるので、安定志向の人には向いているかもしれません。
地図に残る仕事とも言われるので仕事が社会に残せるという社会貢献の要素が強い傾向にあります。

④IT業界の営業職

昨今はIT業界がどんどん拡充されており、その技術も日々進歩しています。
Webを活用したマーケティングやWebサイトの運営に携わり、改善点などを提案していくのが主な仕事です。
顧客の要望を聞き、エンジニアと実現に向けて方略を練り、実現させていく流れですので、多くの人と情報共有してやりくりすることが得意な人には向いています。
ヒアリング能力、マーケティングなどへの知識、コミュニケーション能力など求められるスキルも多いので難易度は高いですが、需要が非常に高い業界ではあります。

⑤広告・メディア業界の営業職

媒体への契約を目指し、法人に営業をかけていくのが主な仕事です。
情報誌を作成したり、それを発信するプロセスを提案したりします。
広告業界は常に最新のニュースを取り入れる必要があるので、アンテナをしっかり張る必要はありますが、大きな利益を生み出しやすい業界なので、達成感も大きいと言えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は代表的な例を挙げておりますのでほんの一部ではありますがぜひ参考にしていただければ思います。それぞれ同じ営業職とはいえ、特徴もさまざまですので、合う合わないもあるでしょう。自分に合った業界で最大のパフォーマンスを出せるように比較検討していきましょう。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!