営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

営業マンは高級時計を付けるべき!?その理由を詳しく解説

時計が好きな人はもちろん、そこまで興味のない人でも、営業マンたるもの、腕時計は必須アイテムの一つですよね。
取引先との商談、日常対応、…営業マンのどんな仕事も“時間”は必ず付いて回るものだからです。

そこで今回は、営業マンが日頃つける腕時計、高級時計にすべきかどうかをずばりお答えし、その理由を解説します。

営業マンは高級時計を付けるべき?

営業においてもポイントとなる「結論は最初に」。

というわけで結論からお伝えしますと、営業マンは高級時計を付けるべき?に対する答えは、「必ずしも高級時計でなくてもいいが、身につける時計はしっかり吟味すべき」です。

営業マンにとって腕時計は非常に重要な役割を果たします。
詳細は後ほどお伝えしますが、特に他の部門で仕事をしている人たちよりも気にすべき対象が多いことを意識していただきたいと思います。
プライベートで使用する腕時計は自分自身の趣味で選んで問題ありませんが、仕事用はそれだけでは選べませんよね。
通常のビジネスマンは、一緒に仕事をする同僚や上司への配慮をしますが、営業マンがそれに加えて重視せねばならないのは、「取引先/お客様」と「営業するモノ/コト/サービス」です。
それらへの配慮をすることが、今回の結論「必ずしも高級時計でなくてもいいが、付ける時計はしっかり検討すべき」に繋がるのです。

営業マンにとって「腕時計」とは人となりを代弁する存在

営業マンにとって、一番自身の腕時計を見られるのは「取引先/お客様」です。
特に、商談プレゼンにて資料を見せる時、契約に向けた説明書面を見せる時など、どうしても取引先は担当営業マンの手元を見る機会が増えます。
特に商談スタート時や契約に向けたタイミングで営業マンが信頼に値する人かどうかを判断するのに腕時計は非常に重要な役割を果たします。

一般的に心理学で「ハロー効果」というものがあり、目立つ特徴や見栄えの良さが、その人の性格や能力を無意識のうちに高評価してしまう、という心情を指します。
この効果を狙うのに、取引先がよく見る手元の演出は効果的、というわけです。
ハローは、神仏の東部に描かれる後光(halo)が由来ということで、まさに取引先の好印象を得られるような腕時計を付けるという配慮や目に見えない演出が商談結果やその後の信頼関係構築にジワジワ効いてくることが想像できるでしょう。

では、取引先やお客様に好印象を持ってもらう腕時計とはどういうものでしょうか。
それは、「営業するモノ/コト/サービス」をヒントにすると良いでしょう。
例えば、グローバルカンパニーの車を販売するディーラーの営業マンの場合、腕時計はやはりグローバルカンパニーの権威ある時計ブランドである「ロレックス」「オメガ」「フランクミューラー」などをセレクトすることで、営業マンと価値観を共有できていると認識していただきます。お客様は共感度合いの高い営業マンを信頼し、購入に向けて前向きに検討する可能性が高まるのです。

例えば、ジムやエステティックサロンへ健康や美にまつわる健康管理アプリを提供する営業マンでしたら、高級時計よりもApple Watchの方が共感度合いは高まりそうですよね。
また、健康意識やデジタルデバイスに強い印象を与えられることで、商談時以降も良好な信頼関係を構築できそうです。
これらのことから、営業マンに必ずしも高級時計は必要ではないが、身につける時計はしっかり吟味すべき、ということが理解できたかと思います。
営業マンが選ぶ腕時計は、その人そのものを代弁すると言っても過言ではありません。

まとめ

営業マンは特に取引先やお客様から腕時計を見られているという意識を持つことが大切です。
選ぶ腕時計一つで今後の関係性構築を左右する可能性が高いため、腕時計を選ぶ際はしっかり検討して信頼される営業マンの第一歩を歩み始めましょう。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!