営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

優秀な営業マンの育て方を紹介!効果的な人材育成のコツを解説

日々自身の目標を追いかけながら、部下のマネジメントも行う営業マネージャー。
そんな営業マネージャーが抱える1番の悩みの種は「どう育てれば部下が優秀な営業マンになれるか」です。
部下といっても十人十色なため、同じ育て方をしてもうまくいかない場合もあります。

そこで今回は、優秀な営業マンの育て方を紹介!と題して、効果的な人材育成のコツを解説していきます。

優秀な営業マンの育て方!効果的な人材育成のコツ

営業マネージャーが頭を抱えて悩む、優秀な営業マンの育て方。
企業の多くはマネジメント層向けに部下の育て方を教える機会はほぼなく、OJTで行うことが多いです。
しかし、部下は誰一人として同じ人はいないため、自身のやり方を押し付けても成果が上がらないこともあります。

そこで、効果的な人材育成のコツについて解説していきます。

部下の性格・入社理由を把握する

同じ会社で働いていても、営業マンの性格はバラバラです。
そこでまずは、部下を知ることからスタートしてみましょう。
性格については、入社前にSPIを受けさせたり、ストレングスファインダーを受けさせたりするなど、ツールを使っていきます。
優れたツールを用いればおおよその性格を把握することができ、どんな局面でテンションが上がるのか、あるいは下がるのかを掴むことができます。
なるべく部下のテンションが下がらないように接していくことがうまく人材育成をするためのコツです。

また、入社理由を把握することも大切です。
会社で成し遂げたいこと、仕事を通じて得られる喜びはどこにあるのかについて把握しておきましょう。
そうすることで、部下が仕事のやりがいを感じやすい業務を与えてあげることで、仕事の面白さを感じ、ぐんぐんと成長していきます。

1~2週間に30分程度、1on1を実施して部下と1対1で話す時間を設ける

「上司に気軽に相談できない」と思っている部下は、営業マネージャーが思っているほどかなり多くいます。
そこで、1~2週間に30分程度、1on1として部下と話す時間を設けましょう。
伸び悩む部下ほど悩みを打ち明けない傾向にあるため、マネージャー側から時間を設けることで、悩みを打ち明ける時間ができ、その解決策について提示することができます。
話してもらう内容は、部下の成績が順調で課題がないときは、仕事に対する課題感以外にも、愚痴、将来のキャリアについでもOKと伝えておくことで、いざ課題を抱えたときに話してもらえるような関係性構築にもつながります。

営業ロープレを実施し、フィードバックをする

プレイングマネージャーとして、自身も目標を追いかけながらマネジメントする営業マネージャーは、なかなか部下の仕事ぶりを目の当たりにすることができません。

そこで、今後商談を控えている顧客をテーマとして、実際に行う予定の商談をロープレしてもらいましょう。
ロープレが終わったら、良かった点と改善すべき点の両方を伝えてあげましょう。
改善すべき点だけを伝えてしまうと、「怒られているのか?」とマイナスに捉えられることもあるため、まずは良かった点について褒めてあげましょう。
その後、より良い方向へアドバイスをしてあげることで、すぐに実践に活かしてもらいやすくなります。

また、商談後に「今日の商談、どうだった?」とコミニュケーションをとることで、さらなるサポートが必要なのかを見極めることにもつながります。

まとめ

今回は、優秀な営業マンの育て方と、効果的な人材育成のコツを解説していきました。いかがでしたでしょうか?
正解がない人材育成ですが、今回紹介した3つのコツを取り入れていくことで、部下について正確に把握ができ、より効果的な接し方やアドバイスができるはずです。早速明日からの仕事に取り入れてみてくださいね!

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!