営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

営業マンの労働時間が長くなりやすい原因と解決策

営業マンになりたいと憧れを持つ一方で、なかなか一歩踏み出せない理由の1つに「営業マンは労働時間が長い」ことが挙げられます。
働き方改革が進んだ昨今では、労働時間の規制も厳しく、残業しづらい環境の会社も増えてきましたが、職業柄上労働時間が長くなりやすいのは事実です。

そこで今回は、営業マンの労働時間が長くなりやすい原因と解決策について紹介していきます。

営業マンの労働時間が長くなりやすい原因

営業マンは他の職種と比較して、労働時間が長くなりがちです。
では何故営業マンの労働時間が長くなりやすいのでしょうか?
その原因として次の2つが挙げられます。

1.営業マンは、顧客の都合に合わせて時間設定をする必要がある

営業マンは顧客がいてこそ成り立つ仕事です。
そのため、顧客が夜遅い時間からの商談を望めば、その時間に合わせて顧客先へ出向く必要があります。
商談以外でも、付き合いで接待をする場合、顧客が望めば2次会を含めるとかなり夜遅くまで時間を拘束されてしまいます。

昨今では、社会情勢的に夜遅い時間の商談や接待は激減していますが、商談時間は基本的に顧客の都合に合わせて設定するため、場合によっては労働時間が長くなりやすくなります。

2.営業活動以外の事務作業は定時時間外で行う必要がある

物理的に限られた労働時間の中で、営業活動に割り当てる時間は多く取らないと顧客獲得につながりません。
多くの会社では9時~18時が標準的な労働時間と定めていますが、この9時~18時の間で顧客と最大限に向き合わないと、顧客獲得のみならず、目標達成にも到達しづらくなります。
そのため、経費精算などの事務作業は時間外に対応する必要があり、結果として労働時間が長くなりやすくなります。

また、会社によっては、9時~18時の間で事務作業をしていると、上層部の方から「営業してこい!」と言われることもあります。
営業会社は、昔から「事務作業は定時時間外で行う」ことが暗黙のルールと化しているところもあるため、定時内に仕事を終えるのが環境的に難しいこともあります。

営業マンの労働時間が長くならないための解決策

営業マンの労働時間が長くなりやすい原因が理解できたところで、長くならないための解決策はあるのでしょうか?
営業マンは、外回りが中心となり、会社にいないことが多いので自由度が高い分、工夫次第で労働時間を短くすることが可能です。その方法は次の3つとなります。

営業マン自身が行わなくてもよい作業は、営業事務やアシスタントに任せる

営業マンが行う仕事の中には、「自分じゃなくてもできる作業」がありませんか?
自身の仕事をよく見渡してみると、書類作成1つをとっても営業事務やアシスタントが代替できるものもあるはずです。
自身の仕事を「自分じゃないとできない仕事」と「自分じゃなくてもできる仕事」に切り分け、「自分じゃなくてもできる仕事」はどんどん他の人に任せていきましょう。
そうすることで、業務クオリティは一定に保ちながら、自分自身の業務を減らせるので労働時間の短縮につながります。

外回り中にできそうな事務作業を行う

定時で帰りづらい営業マンでも、「今日は夜予定があるのでなるべく早く帰りたい」と思うことも多いはずです。
そんな日は、自由度が高い営業マンならではの特性を活かして、外回り中にできそうな事務作業は移動中などのスキマ時間を用いて行いましょう。
そうすることで、時間を効率よく使うことができるので帰社後に事務作業をする必要がありません。
営業マンは毎日忙しく業務をこなしますが、意外と「アポが早く終わった」などでスキマ時間を捻出することが可能です。
時間の使い方を工夫して、残業時間を減らしていきましょう。

営業ツールやアプリを駆使して業務効率を上げる

世の中には、業務を効率化するためのツールやアプリがたくさん存在しています。
その中でも営業マンが苦労する顧客管理やタスク管理などは、ツールやアプリを駆使することで簡単に管理ができます。
ツールやアプリはエクセルや手帳での管理と比較して、入力工数が少ない上にすぐに情報が取り出せ、リマインダー機能もついているのでタスク漏れを防ぐことができます。
営業マンにありがちなのは、「メモしたけど探すのに時間がかかってしまう」ことで労働時間が長くなってしまうことです。ツールやアプリを駆使して、労働時間を減らしていきましょう。

まとめ

今回は、営業マンの労働時間が長くなりやすい原因と解決策について紹介していきました。いかがでしたでしょうか?
営業マンは労働時間が長くなりやすいですが、工夫次第で残業時間を減らして労働時間を短くすることができます。
ぜひ残業を極力しない営業マンを目指して、邁進していってくださいね。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!