営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

女性営業職にオススメのヘアカラーは?取引先に好印象を与えるカラーとは

一般的に、男性の営業マンは茶髪にすることは避けるべき、とされていますが、女性営業職においては、許容される傾向にあります。
とはいえ、カラーの仕方や明るさによっては、相手に不真面目に見られたり、だらしない印象を与えてしまう可能性もあります。

そこで今回は、女性営業職にオススメのヘアカラーについて説明し、取引先に好印象を与えるカラーが具体的にどのようなものなのかお伝えしていきます。

女性営業職のヘアカラー無難なのはやはり「黒髪」

男性の営業職では、「チャラそうに見える」「だらしない印象を受ける」「清潔感がない」などの理由から、基本的にはヘアカラーをしないのが一般的です。
同様の理由で、女性においてもヘアカラーをしないのが無難と言えるでしょう。

ただ、前髪が長かったり、髪をひとつにまとめていなかったりすると、重たく暗い印象を持たれてしまう場合もあるので、表情がはっきりとわかる、清潔感のある髪型を心がけましょう。

女性営業職ではヘアカラーをしても問題ないと思われることが多いですが、ヘアカラーによっては、マイナスな印象を持たれる可能性もあります。

例えば、金髪や奇抜な髪色は、取引先に、「頭が悪そう」「不真面目そう」といった印象を与えてしまいます。営業活動において、真面目で清楚なイメージを持ってもらうことはとても重要なことです。
そのため、営業職の女性がヘアカラーをするときは、清潔感があり、真面目な印象を持ってもらえるような髪色を選択する必要があります。

一般的に「7トーン」までならヘアカラーOK!

カラーの明るさの基準は、日本ヘアカラー協会によって、段階的に定められています。
一般的に、ビジネスの場において適切な女性の髪色は7トーンまでとされることが多く、実際に、会社の規定で7トーンまでと定めている企業も多いようです。
これは、平均的な日本人の髪色と比較して少しだけ明るい茶色で、この程度なら自然な明るさなので、違和感なく受け入れられるヘアカラーと言えます。

ただ、人によって色の入りやすさや発色の違いもあるので、美容院で相談してみるもの良いかもしれません。
また、同じトーンでも、ピンクや緑などの奇抜なカラーは、避けるか、控えめにした方がよいでしょう。

アート系、飲食関係の業種などでは、一部髪色を自由に選択できる業種もあります。
髪色にこだわらず、自分を自由に表現することで会社の柔軟さをアピールできる業界においては、好きなヘアカラーを楽しむことができます。
もちろんどの業種においても、無難なのは黒髪か茶髪ですが、先輩や上司の髪色を参考にして、その業界、会社の雰囲気にあったヘアカラーを選びましょう。

まとめ

今回は、女性営業職にオススメのヘアカラーについて説明し、取引先に好印象を与えるカラーが具体的にどのようなものなのかをお伝えしました。いかがでしたでしょうか。
男性営業職ではほとんど否応なく黒髪であるのに対し、女性営業職では明るすぎなれば茶髪も受け入れられています。
茶髪にすることで女性の柔らかい雰囲気を出すことができますが、清楚で真面目なイメージを保てるよう、落ち着いたヘアカラーを選び、印象の良い営業ウーマンになりましょう。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!