営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

訪問営業は時代遅れ!?ネットを使った集客方法の種類ついて解説

最近では、訪問営業は時代遅れと言われています。
なぜそのように言われてしまうのでしょうか。

そこで今回は、訪問営業は時代遅れと言われる理由と、これからの時代のネットを使った集客方法の種類について解説いたします。

訪問営業は時代遅れ!?

営業といえば、訪問営業や飛び込み営業が主な営業活動だというイメージがありますよね。
しかし最近では、「訪問営業は時代遅れ」だと言われています。

その理由は、インターネットの普及・発達です。
インターネットが当たり前の情報社会となり、訪問営業や飛び込み営業だけでなく、テレアポでさえも古い営業方法に分類されるようになってしまったのです。
そして、従来の自分の足で稼ぐ外回りの営業スタイルも古いと考える人も増えてきました。

これからの時代は、広告や集客もインターネットを使うことが必須になります。
この先、販促チームだけでなく、営業マンもネットを活用した集客方法に切り替えていかないと、時代に置いていかれると言っても過言ではありません。

ネットを使った集客方法

訪問営業は時代遅れであり、これからの時代はネットを使った集客がメインとなりますが、具体的にはいったいどのような集客方法があるのでしょうか。
ではここからは、インターネットを使った集客方法を3種類解説いたします。

ネットを使った集客方法1:ホームページを充実させる

スマートフォンの普及により、インターネットがより身近なものとなりました。
気になること・知りたいことは、スマートフォンですぐにネット検索して調べることができます。
そういったときに真っ先に出るのは会社のホームページではないでしょうか。
ひとつのことでも多くの情報が出てくるインターネットにおいて、一番信用のできる情報は会社のホームページです。

しかし、ホームページの更新が止まっていたり、知りたい情報が載っていなかったりすれば、ホームページを見るのをやめてしまう人がほとんどだと言えます。
ホームページを開いてくれた顧客を逃すわけにはいきません。
具体的なサービスについてきちんと掲載し、問い合せ先も明記しましょう。

ネットを使った集客方法2:オンライン営業をする

訪問営業をするのではなく、オンライン上で営業をするという方法です。
最近とくに増えている営業スタイルです。
オンライン営業の大きなメリットと言えるのが、訪問にかかる交通費も移動時間も必要ないということでしょう。
移動の必要がないので、商談件数を大幅に上げることが可能です。
またパソコンを携帯していなくても、スマートフォンかタブレットを持っていればどこでも利用できるのが強みです。
電話だと声だけで営業は難しいですが、オンライン営業であれば隙間時間でも顔を合わせて営業することができます。

ネットを使った集客方法3:SNSを活用する

FacebookやLINE、Twitter、InstagramなどのSNSは、情報発信をするには最適のツールです。
ターゲットとなる層に最適なSNSを選び、狙いを絞って情報発信をします。
SNSでは、他愛無いことでも多くの人の興味をひいたり共感を得ることができたりすれば拡散され、爆発的に認知度を上げることもできます。
またはSNSに広告を掲載すれば、顧客のニーズに合わせた広告展開が可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は訪問営業は時代遅れだと言われている理由と、ネットを使った集客方法の種類ついて解説いたしました。
これからの時代はインターネットを上手く活用して、集客を上げていきましょう。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!