営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

営業売上ゼロで居場所がない人は必見!売上ゼロを乗り切る方法3選

営業マンとして働いていて1番辛いことは、売上ゼロで居場所がないこと。
同僚は評価されてどんどんと昇進していったり、後輩に成績を追い抜かれたりなどが続くと、余計に居場所がないと思いがちです。
そんな苦しい状況を打破する方法はあるのでしょうか?

そこで今回は、営業売上ゼロで居場所がない人は必見!と題して、売上ゼロを乗り切る方法3選を紹介いたします。

営業売上ゼロで居場所がない人は必見!売上ゼロを乗り切る方法3選

うまくいくときはびっくりするほどうまくいくように、うまくいかないときは理由もなく神様のイタズラのごとく不運に見舞われて全くうまくいかないですよね。
営業職でそんな局面に陥っても大丈夫です。
あなたのまわりにいるスゴイ先輩や上司も、口にしないだけで、実は居場所がない経験をしている人がいるはずです。
営業売上ゼロで居場所がない人向けに、本記事では売上ゼロを乗り切る方法3選を紹介いたします。

成功事例をひたすら真似をする

売上ゼロに直面したときは、「なぜ売れないのか自分でもわからない」状態に陥っています。
理由を追究することも大切ですが、スグに乗り切りたい場合は、まずは社内に転がっている成功事例を真似してみましょう。
成功事例には、必ず成功するポイントが隠されています。
すぐにポイントが掴めなくとも、成功事例を真似するだけで徐々にあなた自身も成功への近道を歩いていることになります。
「学ぶ」の語源が「真似る」にあるように、真似をするだけで、営業としても学びがあり、成功事例と同じような成功をしやすいので、とても即効性が高い乗り切り方法です。

1日1つ、小さな成長実感を得る

売上ゼロで社内に居場所がないと感じるときは、「前に進んでいない」感を強く感じやすくなります。
しかし、時間が後ろへと戻らないように、生きていれば、目に見えなくともあなたは前に進んでいます。
その実感がないと、人間はネガティブ思考になりやすくなるため、1日1つ小さな成長実感を見つけていきましょう。
「いつもより顧客と多く喋れた」や「資料作成が早くなった」など些細なことでOK。
自分のことを褒めてあげることで、自己肯定感が高まるだけでなく、前に進んでいる感が仕事を楽しくさせてくれます。

基本行動を見直し、愚直に行動する

営業マンの仕事は慣れが出てくると、基本を忘れがちになります。売上ゼロで会社に居場所がないと感じたときこそ、基本に戻る大チャンスです。
新人時代のときのように、基本的な行動を愚直に取り組んでみましょう。
そうすることで、自身の仕事の癖に気づけたり、何が足りないかを知れたりと良い気づきがあるはず。
勉強で、基本問題ができないと応用問題が解けないのと同じで、「つまずきを感じたら、基本に戻る」ことを決断する勇気を持ちましょう。

まとめ

今回は、営業売上ゼロで居場所がない人は必見!と題して、売上ゼロを乗り切る方法3選を紹介いたしました。いかがでしたでしょうか。
売上ゼロを乗り切る方法に、そこまで難しさを感じなかった人も多いのではないでしょうか。
明日から1つでもいいので、今回紹介した方法を取り組んでみてくださいね!

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!