営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

営業のアルバイトの仕事内容は?具体的に何をするのか解説

近年、営業のアルバイトを募集している会社が増えてきました。
学生であれば、社会に出る前に会社の仕組みやビジネスの流れを垣間見ることができ、重要な社会経験になりますよね。
就職活動の際「学生時代に営業のアルバイトをしていた」というのは強みになりますし、特に営業職を募集している会社にアピールできる経歴になります。営業のアルバイトの仕事内容や給料などについては、働くまでイメージがつかない部分もあり、気になっている方が多いかと思います。

そこで今回は、営業のアルバイトの仕事内容について、具体的に何をするのか詳しく解説いたします。

営業のアルバイトの仕事内容は?ノルマはあるの?

営業のアルバイトには、通常の営業職と同じく法人営業個人営業の主に二種類あります。
法人営業とは、企業を相手に行う営業です。個人営業とは消費者個人を相手に行う営業です。

さらに営業の業務はルート営業新規開拓営業の二つに分けられます。
ルート営業は、すでに取引のある顧客や企業を訪問し新しい製品やサービスを紹介したり、フォローをしたりする営業です。

新規開拓営業とはこれまでに取引のない顧客や企業を訪問して、新規開拓を行う営業のことです。
電話やメール、直接飛び込んで訪問するなどして新規開拓を行いますが、まだ関係が築けてない相手への営業は断られることも多く、きついと感じることもありますが、その分契約に繋がった時のやりがいは大きく、身につくスキルもとても大きいです。

法人営業か個人営業か、新規開拓営業かルート営業かによって少しずつ仕事の内容や営業先は異なりますが、営業アルバイトの主な仕事内容は、会社の商品やサービスを紹介し契約を取ることです。

とはいえ、いきなり行ってこ〜いと言われるわけではなく、実際にお客さんのところへ訪問する前に、取り扱う商品やサービスの内容について研修などを通してしっかりと学びますし、最初のうちは社員の方に同行して営業のお手本を見せてもらえる会社も多いですよ。

ノルマがあるのか不安な方も多いと思いますが、基本的には営業アルバイトにノルマはありません。
契約を取った分上乗せされるといったインセンティブ制度はあるものの、契約が取れなかったから給料なしだ!減額だ!という会社は基本的にないと考えて良さそうです。

法人営業と個人営業、新規開拓営業とルート営業の特徴について
もっと詳しく知りたい方はこちらの記事もぜひ読んでみてくださいね。

営業職の種類はどれがある?それぞれ分かりやすく紹介!オススメはどの業種?

営業のアルバイトの平均的な給料は?インセンティブはある?

営業のアルバイトの平均的な給料は時給1,300〜2,000円ほどとなっています。
他のアルバイトと比べて給料は高い傾向にあります。

また、基本の給料が低い会社でもインセンティブ制度を設けており、契約が取れれば時給にプラスしてインセンティブをもらえるところも多いです。

インセンティブは働く人のモチベーションにも繋がりやすく、正社員だけでなくアルバイトにもインセンティブ制度を取り入れている会社が多いです。

営業アルバイトのメリットは?

営業アルバイトのメリットをご紹介いたします。

就職活動でアピールできる

学生の方であればまずはこれですね。
就職活動の際に「(会社名)で営業アルバイトをしていました」とアピールすることができます。
基本的に学生のアルバイトといえば飲食店やイベント関係が多い中、アルバイトだとしても会社の看板を背負った営業として働いたことがあるという貴重な経験をしていると他の学生との差をつけられますし、採用担当側は高く評価します。

特に営業職を募集している企業は、営業の基本的な動きやアポイントの取り方などについて理解がある学生の方が実践に入ってもらいやすく、採用したいと思うはずです。

そしてもちろん「やってました」とアピールできるだけでなく、実際に営業アルバイトを通して現場で経験したことや、お客さんの役に立てるよう提案を考えたりと努力したことは自分自身の誇れるスキルにもなります。

人脈作りができる

営業アルバイトを通して、様々な人脈を作ることができます。
仲良くなったお客さんや会社の正社員の方、同じ営業アルバイトの仲間など、学校内では作れないこうした人脈があると社会人になってからも情報共有をしたり、仕事を紹介し合えたりと大きなメリットがあります。

また、実際に営業アルバイトをしていた方からは「今後の自分のやりたい仕事探しに繋がる」という声もあり、正社員として就職せずとも営業の仕事を経験できるとてもいい機会だともいえますね。

営業アルバイトのデメリットは?

続いて営業アルバイトのデメリットをご紹介いたします。

クレーム対応にあたる可能性がある

どのビジネスにもいろんな形で「相手」がいるものですが、営業は特に会社とお客さんとをつなぐ重要な存在です。

以前自社の商品やサービスを利用したことがあるお客さんを訪問した際に「あの時対応がああだった」「そういえばこれ困ってるんだけどどうなってるの?」というクレームの対応や前回の営業のフォローを求められる場面もあるかもしれません。

アルバイトであってもお客さんにとってはその会社の看板を背負った営業に違いありませんので「僕アルバイトなのでよくわからないです」と受け流すのではなくきちんと対応をする姿勢が求められます。

新規開拓の場合ひたすら訪問しなければいけないことも

新規開拓営業のアルバイトの場合、アポイントが取れるまでひたすら電話をかけたり、足を使って飛び込み訪問をしなければいけないこともあります。
これはアルバイトだけに関わらず新規開拓営業の仕事そのものの特徴ではありますが、お客さんとのアポイントを取るためにそうした地道な努力も必要な仕事なのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
営業アルバイトの基本的な業務は会社の商品やサービスをお客さんに紹介し、購入してもらうこと、契約をしてもらうことで、ほとんど正社員と変わりません。就職活動の際に周りと差をつけられる大きなアピールポイントになりますので、大学生の方も興味があれば営業アルバイトとして働いてみてはいかがでしょうか。社会人になる前に商談経験が積めるのはとても大きな糧になりますよ。営業アルバイトの給料は平均的に他のアルバイトよりも高く、インセンティブ制度などを設けている企業も多いので、稼ぎたい人にもおすすめです。

足場工事作業員のイラスト

1,000人の経営者が認めた営業代行
月額固定費0円の完全成果報酬型で
御社の営業代行を致します!

今よりもっと売上を上げたい!
無駄な営業コストは無くしたい!

と思っていませんか?

  1. 余計な営業コストを全て削減できる完全成果報酬型
  2. 御社の業界を知り尽くした専門チームが新規開拓を代行
  3. 御社と定める商談条件を満たした高品質アポイントのみご提供

翌月から売上がUPする企業様が増加中!

今すぐ詳細を見る