営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

営業マンが月末に忙しくなる理由は?月末に「お願い」できる営業マンの特徴

「営業マン=忙しい」というイメージがありますよね?
実際に、いろんな顧客先へ駆け回る中、特に忙しいのが月末と言われています。

今回は営業マンが月末に忙しくなる理由について説明していきます。また、忙しいからこそ社内の人に、月末に「お願い」できる営業マンの特徴について紹介していきます。

営業マンが月末に忙しくなる理由は?

なぜ、営業マンは月末に忙しくなるのでしょうか?
その理由は、2つ存在します。

営業マンが月末に忙しくなる理由1:大半の企業の営業目標が月ごとだから

ほとんどの営業マンが営業目標の数字を背負っています。
その目標は大抵月ごとに設定されています。
中には、週ごとや四半期ごとに目標がある営業マンもいますが、月ごとに進捗を確認したり、月ごとに達成を確認してインセンティブを支給する会社もあったりするため、月末に忙しくなりやすい傾向にあるのです。

営業マンが月末に忙しくなる理由2:請求書などの書類作成の締切がある

請求書の発行や営業活動にかかった交通費や経費の申請など、書類関係の提出締切が月末に重なることが多くあります。
このような書類作成は、塵も積もれば山となるのことわざどおり、月末に大きな負担となってやってきます。

月末に「お願い」できる営業マンの特徴

月末に多くのことが重なって忙しくなる営業マンですが、多忙を回避する方法の1つとして「お願い」があります。
「お願い」とは、社内の人や関係各所へ協力を仰ぐことです。
月末に「お願い」をするためにはお願いされる側が気持ちよく引き受けられるように工夫をしなければなりません。

そこで、月末に「お願い」できる営業マンの特徴についてご紹介していきます。

月末に「お願い」できる営業マンの特徴1:日頃から社内の人とのコミュニケーションを怠らない

お願いを依頼する相手に対しては、社内で「忙しそうだけど大丈夫?」など気にかけてみたり、雑談をしてみたりなどコミュニケーションを日頃からとるようにしましょう。
そうすることで、「いつも気にかけてくれているから、お願いを受け入れるか」という心理になりやすくなります。

月末に「お願い」できる営業マンの特徴2:お願いする依頼内容が抜け漏れがなく、わかりやすい

お願いをされる側にとって、依頼内容がわかりづらかったり、抜け漏れがあって何度か質問しないといけない状態になったりするのはストレスとなります。
忙しい営業マンの代わりに業務を引き受けたわけですから、極力工数がかからないような工夫が必要となります。
理想としては、依頼内容を見ただけで追加で質問することなく業務ができるようなお願いをすることです。

月末に「お願い」できる営業マンの特徴3:進捗を細かく共有するなど連携がスムーズ

お願いの内容によっては、進捗状況を共有することも必要となります。
進捗の共有が遅れたことで、お願いされた側の業務が圧迫したり、短い納期で対応する必要がでてきたりすると、お願いされた側は「もうこの営業マンとは仕事したくない」となってしまいます。
特徴1にもあるように、コミュニケーションを怠らないことが大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?月末にかけて忙しくなる営業マンは、社内の関係各所へ「お願い」が上手にできることで、営業活動を円滑に進めています。またお願いされる側への配慮をすることで、より気持ちよく仕事をすることにもつながります。ぜひあなたも「お願い」ができる営業マンとして、営業活動を効率よく楽しくしていってくださいね。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!