営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

営業職でも「残業なし」は可能?残業なし求人の見つけ方と注意点

営業職=残業時間の多い職種と考えている人は少なくありません。
時として顧客のスケジュールに合わせたり、打ち合わせが立て込んでしまうと忙しくなってしまいますし、自ずと残業時間も伸びていきます。

果たして「残業なし」の営業職は存在するのでしょうか?
そしてそういった求人はどのように探せばよいか気になりますよね。

今回は「残業なし」の営業職の有無、求人の見つけ方や注意点をご紹介していきます。

営業職でも「残業なし」は可能?

営業職の中でも比較的残業が少なく済むのがルート営業
既存の顧客を回って営業していくのでスケジュールも立てやすく、調整次第で残業時間をうまくなくすことができます。

しかし現段階で365日いつでも残業が全くないなんていう営業職はないかもしれません。
閑散期は残業が一切ないけれど、繁忙期は2~3時間残業することもあるなんていう会社がほとんどです。
顧客の予定変更によっては深夜に及ぶこともあるかもしれません。

ですからご自身で残業時間をコントロールして、早く帰る日は定時で帰られるよう、事務作業などを早い段階で済ませておくなど工夫すると良いです。
自分次第で残業時間をなくすこともできるというわけです。

残業なし求人の見つけ方と注意点

残業のない営業職をお探しの場合、その見つけ方は「残業なし」のキーワードを入れることが最短ルートです。
エージェントサイトを活用してキーワード検索をかけると簡単に探し当てることができますね。

さて、そんな理想の求人を見つけたからと言って100%信じ込んでしまうと危険です。
就業してから実は周りの先輩がガッツリ残業をしていて帰りづらくて結局残業・・・というケースもしばしば耳にします。

ではそのようなケースを防ぐために仕事探しをする際に気を付けるべきことはどういったことなのでしょうか。

「残業なし」を謳っている会社には面接時に確認した方が良いでしょう。
しかし「残業はありますか?」と面接で聞いてしまうと、採用人事担当の方は「この人やる気ないのかな…」と思ってしまいます。
それを避けるために最終面接や条件面接の際にその話題を出すようにしましょう。
「求人でこういった記載を拝見したのですが、残業は実際のところないのでしょうか?」
「繁忙期や閑散期の波はありますか?」
など実際に働く上で気になっているという印象に留めた聞き方をすると採用人事担当の方もしっかりと質問に対する答えを提示してくれるはずです。
うまく質問をして本当に欲しい内容をうまく引き出すと良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
実際働くうえで残業は避けられないのが現実かと思います。
その働き方の中でも、少しでも残業時間を押さえたり、残業時間をコントロールしてオンオフをしっかり分けたり、方法は様々です。
自分に合った働き方を考えて、最終面接や条件面接の際に「やる気の欠如」といった印象を与えずに現状のリサーチを入れていくことが重要です。
営業職の残業は昨今課題視されています。過労などの社会問題もまだまだゼロとは言い切れない時代です。
少しずつ働く環境も見直されていく中ですので、みなさんにぴったりの働き方の環境が見つかりますように!

足場工事作業員のイラスト

1,000人の経営者が認めた営業代行
月額固定費0円の完全成果報酬型で
御社の営業代行を致します!

今よりもっと売上を上げたい!
無駄な営業コストは無くしたい!

と思っていませんか?

  1. 余計な営業コストを全て削減できる完全成果報酬型
  2. 御社の業界を知り尽くした専門チームが新規開拓を代行
  3. 御社と定める商談条件を満たした高品質アポイントのみご提供

翌月から売上がUPする企業様が増加中!

今すぐ詳細を見る