営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

営業戦略、営業戦術、マーケティング戦略の違いは?

営業戦略・営業戦術・マーケティング戦略。
とても似ている3つの言葉ですが、意味は全然違うものです。
普段耳にしないので混同しがちなビジネス用語ですが、いま一度、しっかり覚えておきましょう。

今回は、営業戦略、営業戦術、マーケティング戦略、そしてその3つの違いについてそれぞれ解説していきます。

営業戦略とは?

まず、戦略とは「定めた目的達成に向け、長期的視野と複合的な思考をもって準備にあたり、計画を練って運用する応用化学のこと」をいいます。
現状やSWOT分析などさまざまなことを複合的に考え、戦略を導き出します。
営業戦略とは、「長期的に見てビジネスを成功させるための効率の良い方策を考えること」といえます。
営業を成功させるためには欠かせないものです。

営業戦術とは?

まず、戦術とは「経済や経営、討論・交渉などの競争における戦い方のこと」を意味します。
よって営業戦術とは、営業における戦い方すなわち営業の手段のことであり、この場合は「営業戦略を実行する具体的な行動計画のこと」をいいます。
なので、どれだけ時間を費やして良い営業戦略を考えたとしても、営業戦略を立てただけではいけません。
営業戦略を成功させることのできる営業戦術を考え、その戦術を実行する必要があります。

マーケティング戦略とは?

マーケティングと聞くと、「市場調査」「戦略」「広告・宣伝」などのイメージが強いかと思います。
マーケティングは広い意味をもつのでそのイメージも間違ってはいませんが、そもそもマーケティングとは「顧客のニーズに合わせた商品やサービスを作り、情報を届け、顧客がその価値を得ることができるという概念」であり、簡単にいうと「売れる仕組み」をつくることといえます。
つまりマーケティング戦略とは、「売れる仕組みをつくるために、長期的に計画を考えること」です。

営業戦略、営業戦術、マーケティング戦略の違いは?

営業戦術は営業戦略における具体的な行動計画であることがわかりました。
では、営業戦略とマーケティング戦略の違いをみていきましょう。

そもそも「営業」と「マーケティング」は全く違うものであり、似ているように思える営業戦略とマーケティング戦略は、イコールではありません。
営業とマーケティングの違いは、対象と目的が異なります。

対象でいえば、営業はモノ・サービスを販売する顧客が存在しますが、マーケティングはマーケットいわゆる市場に対しての概念です。

そして、営業戦略は「売上げを向上させること」を目的としていますが、マーケティング戦略の目的は「売れる仕組みをつくること」なので、似ているようで全く違う意味をもちます。
漠然としたイメージで意味をとらえやすいビジネス用語の中でも、とくに混同しやすい単語ですよね。
ビジネスパーソンとして、正しい意味を把握せずに曖昧な認識のままではいけません。
ビジネス用語の意味をきちんと理解し、正しく使い分けることで、営業の成功へも繋がります。

まとめ

営業戦略、営業戦術、マーケティング戦略についての違いをご説明しました。
営業マンにとって欠かせないビジネス用語なので、意味をしっかり覚えたうえで、それぞれ営業戦略・営業戦術・マーケティング戦略について考えてみましょう。
そこで立てた戦略・戦術を活かせば、営業成功に繋がっていきます。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!