営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

強引な営業は絶対NG!できる営業マンほど強引な営業をしない理由

「できる営業マン」といえば、一昔前は購入を悩んでいるお客様のところに長時間に居座り説得を重ね、「買うまで帰りませんよ」というイメージを持たれることもしばしばでした。
しかし時代は変わり、現代には強引な営業は通用しなくなりました。
むしろできる営業マンと言われる人ほど強引な営業は一才しないのです。

今回は、できる営業マンほど強引な営業をしない理由をご紹介していきたいと思います。

できる営業マンほど強引な営業をしない理由2つ

できる営業マンが従来のような強引な営業をしない理由は主に以下の2つです。

1.強引な営業手法は現代には通用しない

現代社会は変化が著しく、決断のスピード感ももちろん重要ではありますが、お客様を急がせてしまう行為はNGです。
悩んでいるお客様の状況におかまいなしに契約を進めようとしたり、強引に決断をさせようとするとお客様は強い嫌悪感を感じてしまいます。

従来のような強引な営業をしていると、インターネットやSNSが普及した現代ではすぐにクチコミや悪評が広がってしまい、結果的に自分一人の行動で会社全体に負のイメージを背負わせてしまうことにもつながりかねません。

お客様の声が広まりやすい現代だからこそ、強引で押しつけがましい営業ではなく、お客様の立場に立った配慮ある営業が求められています。

2.強引な営業で獲得した契約はクレームが多い

従来のような強引な営業をすると、すぐにクレームとなってしまうでしょう。
販売に関する法律も変わり、かつてのような強引なスタイルで契約を取り続けることは、もはや不可能であり、強引にとっても後々クレームが後を経たなくなり、会社としての業務効率も下がってしまいます。

その場その場のノルマを乗り越えるために強引な営業をしてクレームまみれになるよりも、信頼を築きお客様からお客様を紹介してもらえるような営業マンを目指したいですね。

強引な営業マンとできる営業マンの違い

強引な営業マンは現代には通用しない。
では現在活躍している「できる営業マン」はどういったタイプなのでしょうか。

わかりやすく特徴で比較してみましょう。

■強引な営業マン

・利己的で人に配慮できない
・自分の話したいことだけを話しお客様の話を聞かない
・高圧的
・自分の利益のために行動している

■信頼される営業マン

・利他的で気配りできる
・お客様の話をしっかりと聞く
・お客様のメリットを考えて提案をする
・使命感や責任感から行動している

現代におけるできる営業マンは「必要な人に必要な商品・サービスを提供する営業マン」です。
悩みを抱えている、解決したい課題を持っているというお客様に、必要な商品・サービスを提案し、喜んでもらう。
必要がない人に売りつけるのではなく、本当に必要な人に届ける。
それができる営業マンなのです。

まとめ

今回は、できる営業マンほど強引な営業をしない理由をご紹介いたしました。
一昔前は強引にプッシュする営業が主流でしたが、現代社会には強引な営業は通用しません。
現代はお客様が納得して商品やサービスを選択する時代。お客様に自社の商品・サービスの魅力が伝わるようお伝えする、課題解決につながる提案をすることが現代社会の営業マンには求められています。
自身の営業スタイルが今のままでいいのか疑問を感じる、どうしたらできる営業マンになれるのだろうかと悩んだ際には、ぜひ参考にしてみてくださいね。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!