営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

優秀な営業マンをヘッドハンティングする極意を紹介

優秀な人材を確保する方法のひとつであるヘッドハンティング。
ヘッドハンティングで人材を獲得したいと考えてはいても、ヘッドハンティングのノウハウが少なくどう実践して良いのかよく分からないという採用担当の方もいるのではないでしょうか。
ヘッドハンティングを確実に成功に導く方法はありませんが、成功確率を高める考え方はあります。

そこで今回は優秀な営業マンをヘッドハンティングする極意を4つご紹介いたします。

ヘッドハンティングとは?

ヘッドハンティングとは、専門的なスキルを持ち合わせた他社の優秀な人材を自社に引き入れることです。
いわばスカウトのようなもので、企業側から直接アプローチをかけるのが特徴です。
「攻めの採用」と表現されることもあります。

優秀な営業マンは転職願望がないことも多い

優秀な営業マンともなれば、所属する会社内でそれ相応の好待遇を受けていて、転職を考えていない人も多いです。
そんな人たちに対してアプローチを掛けていくことになるので、人材を確保できるばかりではありません。
また、優秀な営業マンは他社も求めていますから取り合いになります。
ヘッドハンティングを成功させるためには、彼らから門前払いを食らわないよう上手に接近する必要があります。

優秀な営業マンをヘッドハンティングする極意

ここからは、優秀な営業マンをヘッドハンティングするコツを4つご紹介いたします。
どの項目にも共通して言えることは「相手の視点に立って考える」ことです。
ぜひ意識してみてください。

それでは1つずつ確認していきましょう。

求める人物像を明確にする

優秀な営業マンとはどんな人のことをいうのでしょうか?まずはそれを明確にしましょう。例えば存在感があって若手を引っ張るようなリーダーの素質がある人なのか、目立った特徴はないけれど、コンスタントに営業目標を達成し続けている人なのか。どんな営業マンを優秀と定義するかによってアプローチをかける対象がガラッと変わります。
自社にとって必要な営業マンについてなるべく細かく整理してみましょう。

情報収集する

求めている人物像を明確にすることの次に大切なことは情報収集です。
優秀な営業マンはどの会社も必要としているので取り合いになります。
場合によっては選考が進んでいる場合もあるでしょう。競合他社ではなく自社を選んでもらうためには、自社の魅力を効果的に伝える必要があります。
競合他社についてしっかりと調査した上で、自社の強みや業務の魅力、給与、待遇などの条件をどう伝えれば魅力的に思ってもらえるか考えてみましょう。
魅力を感じる条件は人によって違いますから、ヘッドハンティングの候補者がなにを求めているか知ることも交渉を上手に進めるコツです。

情報開示を惜しまない

自社のメリットばかりに目を向けず「相手のために」就任後の業務内容や求める役割、給与、社内の雰囲気などをなるべく詳細に伝えるようにしましょう。ヘッドハンティングして人材を確保したらそこで終了ではありません。会社側から開示されていた情報が不十分でミスマッチが起こり、そのまま離職してしまうケースもあるようです。優秀な営業マンを獲得したいと焦る気持ちはわかりますが、急がば回れ。転職は相手のキャリアに非常に大きな影響を与えます。自分ごとと思って相手の人生と真剣に向き合いましょう。

取引先や知り合いからヘッドハンティング

もし取引先や仕事で知り合った営業マンに優秀な方がいれば、その人に狙いを定めるのも一つの手です。自分たちが相手に対する理解があるのはもちろんのこと、相手側もこちらの会社の方針や仕事ぶり、人間関係などがある程度分かっています。
移籍後の働いている姿やキャリアの展望が描きやすいので、ゼロから関わりを作ろうとしている競合他社よりも有利に交渉を進められるでしょう。
また、そういった観点からミスマッチが起こりにくく、人材が定着しやすいのもメリットです。
もちろん懇意にしてくれている取引先との間でトラブルにならないよう現在の取引先との状況も加味して判断するようにしましょう。

まとめ

今回は優秀な営業マンをヘッドハンティングする極意について4つご紹介いたしました。
いかがでしたでしょうか。ヘッドハンティングと聞くと難しそうなイメージを持たれるかもしれませんが、成功させるための極意は「相手への思いやり」です。相手をひとりの人間として尊重し、相手のキャリアと真剣に向き合う姿勢はきっと相手に届きます。候補者の将来を見据えた採用活動を心掛けましょう。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!