営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

営業マンの向き不向きを簡単に見分ける方法

営業の仕事は取引先と交渉を要したり、ニーズに合わせた企画提案をしたりと多くのスキルを必要とする仕事です。
積極的にアプローチしていくことも必要とされる仕事なだけに、営業マンとして働いてみたいけど果たして自分に合っているのかな…と不安に思われる方もいることでしょう。
では営業マンに向いている人はどのような人なのでしょうか。

今回は営業マンの向き不向きを簡単に見分ける方法をご紹介していきます。

営業職の簡単適性検査

営業職には適性があります。
どんな人が向いているのかまとめました。
この適性は、仕事の成果に直結していくはずです。
項目ごとに当てはまるものが多ければきっとあなたは営業職に向いています。

自己アピールが得意である

自分のことをアピールすることが得意なのであれば、営業マンとしても成功します。
自社製品をアピールすることも容易くできるようになりうるからです。
自分の想いや考えを、自分の言葉でアピールできるということはとても有利に商談を進められるスキルなのです。

実行力がある

やると決めたことを実際にやることは、簡単なようで案外難しかったりもします。
営業マンは商談を成約に繋げていくために様々な策を練り、それらを実行へ移す力を必要とされます。
もちろん物事を慎重に考えて進めることも大切なのですが、時には思い切った決断と行動が重要となるので実行力の有無は営業職にとってポイントとなります。

人あたりが良い

仕事において好感度はとても重要な要素です。
どんなに良い商材でも「この人から買いたくないな」と思われてしまったら、水の泡となってしまいます。
取引先から好感を持たれると、少々のミスがあっても「次は気を付けてよね」と言われる程度で済むかもしれません。

聞き上手である

これは①と反対の性質と思われるかもしれませんが、聞き上手であることも営業マンとして必須のスキルです。
取引先のニーズを聞き出し、どんなものを提案したら喜んでもらえるか、問題を解決することができるか、企画提案にあたってもヒアリングはとても大切です。
聞き上手だと「話を一生懸命聞いてくれるな」と好感度アップにも繋がるので普段から人の話に傾聴する癖をつけると良いかもしれませんね。

好奇心旺盛である

これは取引先相手との距離を縮めるために有効な手段である共通点探しに繋がります。
好奇心旺盛であれば、自然と多趣味になり、何かひとつは取引先の顧客との共通点を探すことができます。
そうすればその切り口から親密になることは容易いことでしょう。
まずは仲良くなって、信頼関係を構築することが成約への一番の近道なのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は営業職の適性についてまとめてみました。
5つの項目のうち半数以上が当てはまる人は営業職に向いている可能性が高いです。
ですが、営業職に向いていなくても、自分自身を見直してみたり、改善すべき点がわかれば直すように試みたり、営業マンとして成長するための努力を続けることのできる人は、今は営業職に向いていなくても、いずれトップ営業マンになる可能性も秘めているのです。
何にせよ、やりたいことに真っ直ぐ一生懸命な人こそが一番営業マンとしての素質を持っているということになるのかもしれません。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!