営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

50代でも営業職に転職して成果を出せる?採用担当者が欲しい人材についても紹介

営業職への転職を考えた時に、あと10年で会社の定年年齢になる50代で未経験の自分が成果を出せるのかは大きな不安材料でしょう。
求人を出している会社が営業職をしたことのない50代の人材に、採用担当者が何を求めているのかを把握して面接を受けなければ、どこを自分の強みとしてアピールしていけるのかも分かりません。

そこで今回は、50代でも営業職に転職して成果を出せるのか、採用担当者が欲しい50代の人材についてご紹介します。

50代でも営業職に転職して成果を出せるのか

ハローワークでは滅多に見つけられないのですが、大手求人サイトだけでなく地方特化の求人サイトでも、50代で営業未経験OKの求人は予想以上に掲載されています。
求人サイトに入会しているとプロフィールを見た企業からオファーが来るのも珍しいことではなくなりました。

求人詳細に「業界未経験で活躍している50代の人がたくさんいます」などと書いている企業も見られます。
つまり、それだけ50代で営業職に転職した人たちが成果を上げているということなのです。

当然、業種・職種の知識に関する研修を受け、新しいことを覚えて行かなければなりませんが、50代で営業職に転職しても、十分に成果を出していけます。

50代で転職を希望する人は他の職種もそうですが、紹介料を請求されるのではないかと懸念してハローワークを利用する割合が非常に高いという統計があります。

しかし、紹介料を必要とする求人サイトはほとんどありません。
営業職に転職したい50代の人材を欲しがっている会社を見つけるには、求人サイトを利用した方が早いでしょう。

採用担当者が営業職に求めている50代の人材

50代の社会人であれば採用担当者が求めているような下記の条件はほぼ満たしているでしょう。

  • きちんとしたビジネスマナー、常識が身についている
  • 前職の中で積んできた経験で積んだ交渉力の高さ
  • 広い視野を持って情報を収集し的確に取捨して問題点を見つけ改善できる
  • 人脈を含めた人間関係の広さ
  • コミュニケーションにおける柔軟な対応力

しかし、これだけでは採用には至りません。

上記に加え、

  • 知識欲があり、それを吸収していこうとする向上心を持っている
  • 新しいことに躊躇なくチャレンジできる気質がある
  • 目標に向かってコツコツと努力をする忍耐力がある

この3つが未経験の業種でも成果を上げられる人材として採用するかどうかの判断材料になっています。

新入社員が成果を上げられる人材に育つには、通常10年、20年の成果が不安定な期間を要しますが、50代の転職希望者は、営業職が未経験でも即戦力として10年で彼らを上回る成果を会社にもたらす可能性が高いのです。

採用担当者はそういった50代の人材を欲しがっているわけです。

特に、立ち上げて間もない会社、大手で各地に支社・支部を持つ会社、世代交代が著しくベテランが少なくなってしまった会社は、即戦力になる年代を集めるための求人を多く出している傾向があります。

まとめ

今回は50代でも営業職に転職して成果を出せるのか、採用担当者が欲しい50代の人材についてご紹介しました。
いかがでしたでしょうか。
50代で営業職に転職をしても、これまでの社会人経験の実績が確かな下地となり、転職先で新たな知識を吸収する意欲があれば、会社が求める高い成果を出していくのは可能です。
採用担当者が欲しがっている人材の条件を上手くアピールして転職を成功させる参考にして下さい。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!