営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

営業女子は必見!ワンピースを使ったレディースコーディネート5選

営業として働く女性のみなさんは毎日服装に悩まれている方も多いのではないでしょうか?
先方に失礼に当たらないかも配慮しつつ日々のコーディネートを考えるのは大変ですよね。

そこで今回は、営業女子必見のワンピースを使ったレディースコーディネートを5つピックアップしてご紹介いたします♪

営業女子必見!ワンピースを使ったレディースコーディネート

それでは早速、営業女子におすすめのワンピースを使ったレディースコーディネートをご紹介していきたいと思います!

コーディネート例1:ノーカラージャケット(ホワイト) × ベージュワンピース

営業 女性 ワンピース コーディネート

引用元:https://marisol.hpplus.jp/article/37200

春夏にオススメの爽やかな印象のコーディネートです。
ベーシックカラーを中心にまとめ、カバンに差し色を入れるのがポイント。

コーディネート例2:ジャケットとワンピースがセットのコーディネート

営業 女性 ワンピース コーディネート

引用元:https://news.merumo.ne.jp/article/genre/8733758

こちらも春夏向けのコーディネート。
ジャケットとワンピースがセットになっていてまとまりがあります。
ベージュだと全体的に柔らかい印象になり、黒だとパリッと仕事ができる系の印象に。
バッグに持ってくる色味次第で印象がかなり変えられるのでオススメです。

コーディネート例3:ノーカラージャケット(ブラック) × 深緑のワンピース

営業 女性 ワンピース コーディネート

引用元:https://eclat.hpplus.jp/article/40495

秋冬にオススメのコーディネートです。
黒のノーカラージャケットと黒パンプスで引き締めて、バッグはフェミニンなグレージュのものを取り入れています。

コーディネート例4:ワンピース × 細ベルト

営業 女性 ワンピース コーディネート

引用元:ベルーナ

タイトめなワンピースにウエストに細いベルトを入れてラインをより綺麗に見せています。
ジャケットは同系色のライトグレーもいいですし、黒、白などなんでも合います。
バッグにグリーンやブルー系を持ってくると遊び心があってオシャレです。

コーディネート例5:ノーカラージャケット(グレー) × 柄ワンピース

営業 女性 ワンピース コーディネート

引用元:https://baila.hpplus.jp/15150

ひざ下少し長めの柄のあるワンピースにノーカラージャケットを合わせています。
バッグに赤色を持ってくることでグンとオシャレ上級者に。

色や柄など冒険しているコーディネートは初対面のお客様への訪問ではなくある程度関係値のあるお客様のところに訪問するシーンの方がオススメです。

営業女子がコーディネートを考えるときに気をつけること【服装のビジネスマナー】

ここからは営業女子がコーディネートを考えるときに気をつけたい服装のビジネスマナーについて簡単にご紹介いたします。

NGな素材やアイテム

ビジネスシーンに向かない素材はデニム、ジャージー、レザー、ビニールです。
形はベーシックでも素材がツルツルテカテカしていたりとカジュアルすぎるものは選ばない方が無難です。
特に営業はお客様に直接対面する機会が多いので、事務の社員以上に服装の素材には留意した方がいいでしょう。

ビジネスシーンに向かないアイテムはパーカー、サンダル、ミュール、スニーカーなど。
つっかけて履くようなサンダル、ミュールやスニーカーはカジュアルすぎるのでNG。
ワンピースの羽織にパーカーを使うのも避けましょう。

ベーシックカラーが無難◎

コーディネートをするときはベーシックカラーを中心に選びましょう。
グレー、ベージュ、黒、紺などのような、定番色がビジネスシーンにはおすすめです。

黒や紺色など暗い色ばかりでコーディネートしてしまうと暗くて固い印象となってしまいますので、ベルトやカバンなどの小物で差し色をうまく取り入れて作るようにしましょう。

きちんと感のある襟付きアイテム

襟付きの服はきちんと感が出やすいので営業女子にオススメです。
ブラウスやワンピースなど襟付きのものを選ぶようにすると、上着のジャケットやカーディガンに襟がない場合もビジネスシーンに適したコーディネートをが作りやすくなります。

過度な露出はNG

ビジネスにおいては肌の露出が少ないものを選びましょう。
また、タイト過ぎる服装も身体のラインが強調されてしまい、男性社員やお客様が目のやり場に困ってしまうので避けましょう。

ストッキングを着用する

ワンピースやスカートを着用するときはストッキングを履くようにしましょう。
学生時代は生足でも何も言われないものの、社会人になると素足を露出しているのは無作法と捉えられてしまいます。

パンツスタイルの時もひざ下ストッキングを着用するなどして生足を出さないよう留意しましょう。

上記は一般的なビジネスマナーで、業種や職種、社風によって服装の基準は異なりますので、会社のルールや先輩のコーディネートも参考にするようにしてくださいね。
先輩社員や同僚の服装で良いと思うものを徐々に取り入れつつ、自分流のおしゃれなビジネスコーディネートを追求してみてください。

まとめ

営業女子にオススメのワンピースを使ったレディースコーディネートを5パターンピックアップしてご紹介いたしました。
いかがでしたでしょうか?
ビジネスシーンで着用するワンピースの色や柄、素材には最低限マナーはありますが、上着やバッグの組み合わせを変えたり、ウエストに細いベルトをつけるなど着方をアレンジすることで同じアイテムから何通りもの着回しが実現できますし、印象を大きく変えることができます。
また、ワンピースの丈感や合わせる靴によってまたコーディネートの幅が広がりますので、コーディネートに悩んだ際はぜひ参考にしてみてくださいね。

足場工事作業員のイラスト

1,000人の経営者が認めた営業代行
月額固定費0円の完全成果報酬型で
御社の営業代行を致します!

今よりもっと売上を上げたい!
無駄な営業コストは無くしたい!

と思っていませんか?

  1. 余計な営業コストを全て削減できる完全成果報酬型
  2. 御社の業界を知り尽くした専門チームが新規開拓を代行
  3. 御社と定める商談条件を満たした高品質アポイントのみご提供

翌月から売上がUPする企業様が増加中!

今すぐ詳細を見る