営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

営業マンが大変だと感じる3つの瞬間!つらいこと、苦労を紹介

会社の看板を背負い、お客様の課題解決のために活動する営業マン。
「営業の仕事は大変そう」というイメージを持たれやすい職業ですが、実際に働いている営業マンはどんな時に大変だと感じるのでしょうか。

今回は営業マンが大変だと感じる3つの瞬間をご紹介したいと思います。つらいことや苦労など共感できるポイントもあると思いますのでぜひご一読くださいね。

営業マンが大変だと感じる3つの瞬間

それではさっそく営業マンが大変だと感じる3つの瞬間をご紹介したいと思います。

1:ノルマ未達が続いたとき

営業マンは目標の数字を設定して、その目標を達成するべく日々営業活動を行います。
ノルマというほど数字をきつく詰められない会社も存在しますが、基本的には設定した目標を達成するために毎日動いているので、目標に到達しない月などはプレッシャーを感じる方が多いですよね。

ノルマに達成しない月が何ヶ月か続くと「夜も眠れない」「会社のみんなに申し訳なくなってしまう」「自分の非力さに落ち込む」など、営業という職業をつらいと感じる方が多いです。

2:休日も仕事のことが頭から離れないとき

営業マンにも当然休みはありますが、休日でもお客様から突然電話が入ることは多々あります。
「プライベートと仕事は切り分けたい!」と思っていても、それがお得意様であったり、契約が取れそうな見込み顧客であった場合は休日でも電話対応せざるを得ないことも。

また、電話対応ならまだしも、呼び出しがあり休日に出社することや客先に足を運ばなければならないときもあります。
お客様にとっては今が有事であり、営業マンが休みかどうかというのは関係のない話。
大事な時に飛んできてくれない営業マンに対して信頼を失ってしまうケースもありますので、必要な時は休日も返上して動かなければいけない職業です。

また、休みであっても「月曜日に出社したらまずあれをやらないと」「来週の商談ではどういった流れで話をしようかな」など、頭の中は翌週の仕事のことで頭がいっぱいという方も多いです。
休日は仕事を忘れて遊ぶことに集中しよう!と思っていても、真面目で仕事に対してストイックな方ほどなかなか頭から仕事のことが離れないようです。

ワークライフバランスを重視している方にとっては、休日も仕事のことを考えたりお客様の対応をしなければならないのは特につらいと感じる瞬間かもしれませんね。

3:会社とお客様の板挟みになったとき

会社の方針や上からの指示と、お客様の要望がぶつかった時、間にいる担当者である営業マンが板挟みに苦しむことになります。
もちろんお客様の意向は最大限尊重しなくてはなりませんが、会社の都合でここは融通がきかせられないというポイントもあるかと思います。
そうした時、お客様からの不平不満をぶつけられるのは担当者である営業マンなので、自分の力ではどうすることもできない問題で板挟みになったときにつらいと感じる人も多いようです。

まとめ

今回は、営業マンが大変だと感じる3つの瞬間をご紹介いたしました。いかがでしたでしょうか?
「あるある・・・」と共感できた営業マンの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
営業マンは辛く大変な瞬間もありますが、お客様から喜ばれた時や会社の仲間と成果を築きあげた時など、やりがいや達成感を感じる職業でもあります。
つらいことがあった時は自分なりのリフレッシュ方法や向き合い方を見つけて、溜め込みすぎないよう、そして前向きに乗り越えていきましょう。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!