営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

営業マンは必見!印象がグンと良くなるプレゼンのノウハウ4選

顧客から受注をもらうために避けては通れないのが、プレゼンです。
特に営業マンの方で、大型案件のプレゼンとなると、大人数の前でプレゼンする必要があるため、印象も大事になります。
緊張している中でも、良い印象を顧客に与えることで受注確率が上がり、営業マン自身が自信を持って仕事ができるようになり、営業マンとしてグンと飛躍すること間違いなしです。

そこで今回は、営業マンは必見!印象がグンと良くなるプレゼンのノウハウ4選をご紹介いたします。

営業マンは必見!印象がグンと良くなるプレゼンのノウハウ4選

プレゼンで良い印象を与えることができず、悩んでいる営業マンは実は多く存在しています。
営業マンも人間ですから、誰もがプレゼンが得意ということはなく、少しずつノウハウを習得しながらプレゼンを磨き上げています。

それでは早速、営業マン必見の印象がグンと良くなるプレゼンのノウハウ4選をご紹介していきます。

顧客先の情報やプレゼンの傍聴者を把握する

顧客のことを知らないままプレゼンをすると「うちの会社のこと全然知らないんだ」「的を得たプレゼンではない」と悪い印象を与えてしまいます。
営業の基本中の基本ですが、顧客の情報は沿革から組織形態まで把握し、プレゼンの傍聴者の立ち位置などプロフィールを理解しておきましょう。
そうすることで、誰に向けたプレゼンなのかが明確となり、プレゼン資料もしやすくなります。

プレゼンの序盤で顧客の課題とその解決策を提示する

プレゼンの構成ですが、まず最初に顧客の課題と、その解決策を提示しましょう。
顧客は商品説明を聞くことが目的ではなく、商品を活用して自社の課題がどう解決できるのかについて知ることを目的としてプレゼンの場を設けています。
「結論から話せ」の言葉どおり、まずは顧客が求めている答えを最初に話してあげましょう。
長い文章は印象に残りづらいため、短い文章で端的に話すことがポイントです。

プレゼンの中盤では具体的なエピソードや事例を交える

序盤で解決策を提示した際に、顧客は「その解決策で本当に大丈夫なのか」と疑問が出てきます。
その疑問を取り除くために、具体的なエピソードや事例を話すことで、妥当な解決策であることの裏付けになり、説得力が増します。
しかし、あまりにも顧客とかけ離れた事例だと、説得力に欠け、悪い印象を与えてしまいます。
したがって、話すエピソードや事例は、できるだけ顧客の置かれている状況に近いものを題材にすることがポイントになります。

プレゼンの終盤では顧客が自社商品活用後のイメージを語る

中盤で、具体例を伝えたことで解決策の説得力を増すことにつながりましたが、もう1つ後押しがあると、印象がグンと良くなります。
その方法は、プレゼンの終盤で、顧客が自社商品を活用した後に起こる変化について具体的なイメージを語ること。
中盤で語った他社事例を聞いた顧客に浮かび上がるのが「自社で活用したらどうなるのか?」の疑問です。
質問される前に、営業マン側から活用後のイメージを語ることで、疑問解消のみならず、成約への後押しにつながります。
疑問や不安点をあらかじめ予測し、プレゼン資料に組み込むことで、欠点のないプレゼンをすることができ、顧客に良い印象を与えます。

まとめ

今回は、営業マン必見の印象がグンと良くなるプレゼンのノウハウ4選をご紹介いたしました。いかがでしたでしょうか?
今回紹介したプレゼンのノウハウを用いて、プレゼン資料の作成など準備を進めていきましょう。
そうすることで、顧客からの印象がグンと良くなり、受注率を高めることにつながります。
ぜひ明日から取り入れてみてくださいね。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!