営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

営業マンはネクタイ選びが超重要!各色の特徴と選び方のコツを詳しく解説

スーツは営業マンにとって必要不可欠なものです。
ピシッとしたワイシャツに、ジャケット、そしてネクタイもしっかり締めて取引先に訪問をしに行きます。
最近ではクールビズのシーズンだとノーネクタイ・ノージャケットという服装も一般的になってきていますが、やはり大事な正念場ではきちんとした服装をしていくことが望ましいでしょう。
そんな服装の中でないがしろにされがちなのがネクタイです。
結ぶだけだから、安物でいいかなと思われるかもしれません。
しかし、ネクタイこそが営業マンの服装の良し悪しを決める大事な要素なのです。

今回はネクタイ選びで特に大切な「色」についてご紹介。各色ごとの特徴と選ぶ際のポイントをお伝えいたします。

営業マンのネクタイ選び │ 各色の特徴と選び方のコツ

それでは早速、ネクタイで使われやすい主となる色ごとに特徴などを挙げていきます。
得られる効果がそれぞれ異なってきますので、場面ごとに使い分けるのも技かもしれません。

赤いネクタイ

赤系は「情熱の赤」と言われるだけあって、情熱的な印象やリーダーシップの印象を相手に与えることができます。
何かを力強くアピールしたい場面で使うと有効です。
たとえば、大事なプレゼンの日、商談の大詰めの日など、営業マンにとって勝負の日とされる日には赤系のネクタイを用いるのが望ましいでしょう。

青いネクタイ

青系は知的な印象、爽やかな印象を相手に与えることができます。
たとえば、清潔感を与えたい相手に会う日、初めて会う取引先に訪問する日など、どちらかと言えば営業段階で言うと、初期段階に青系のネクタイを使うと効果が期待されます。

茶系のネクタイ

茶系は堅実な印象、真面目な印象を相手に与えることができます。
「真剣な気持ちで臨んでいる」という場面で使うと良いでしょう。
たとえば、ご高齢の方へ営業をする日、謝罪をしなければならない日などに使いましょう。
茶系のネクタイは真摯で誠実な印象付けに効果を発揮します。

緑のネクタイ

緑系はフレッシュな印象、リラックス・落ち着きの印象を相手に与えることができます。
たとえば、部下との同行営業の日、研修やセミナーを受ける日、新入社員向けの研修を行う日などでつけると良いでしょう。

黄色のネクタイ

黄系は明るい印象、楽しい印象を相手に与えることができます。
取引先との食事会の日、明るく振る舞う方が良い取引先に会う日など、楽しいキャラクターを演出したい場面で使うと良いでしょう。

ピンクのネクタイ

ピンク系は仕事用で使うよりはプライベートで使うことが望ましいです。
デートの際には仕事終わりに付け替えていくと、柔らかい印象、優しい印象を相手に与えることができます。
仕事とプライベートでネクタイを使い分けるのもまたデキる営業マンと思ってもらえます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ネクタイは場面ごとに使い分けると相手への印象操作ができるということがよくお分かりいただけたかと思います。
また、ネクタイを選ぶ際には安物は避けましょう。
ネクタイは使い方によっては5~6年くらいは使うことができますし、ブランドものなどしっかりとしたものを使った方がかえってコストパフォーマンスが高いこともあります。少し良いものを身に着けて場面ごとに使い分けながらぜひ営業活動に臨んでくださいね。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!