営業代行なら営業コンサルティング会社、株式会社アイランド・ブレイン

営業代行サービスとマッチングサイトの違いとは!?


今回は営業代行サービスとマッチングサイトの違いついて、ご紹介したいと思います。仕事を得るためにも様々な手段があり、その内容も様々です。営業代行サービスもマッチングサイトもその手段の1つになります。

様々な手段をしっかりと理解した上で、最善の判断ができるように今回はご紹介したいと思います。

企業に適した活用方法  ~営業代行・マッチングサイト~

タイトルにもありますが、各企業がそれぞれ特徴を持つように、その会社に適したサービスも異なります。規模も異なれば、もちろんサービス内容も異なります。今後の会社の方針なども異なりますよね。

ビジネスモデルから状況が全く同じ会社という様々な手段がある中で、企業に適したサービスを選択をする必要があります。

営業代行サービスとマッチングサイト

営業開拓手段として、幅広くある中で、今回は営業代行サービスとマッチングサイトの2つに絞り、ご紹介します。それぞれのサービスにより特徴がありますので、是非参考にしてみてください。

営業代行サービスの特徴

営業代行サービスは企業様との商談の機会を無制限で作れるところに1つポイントがあります。全国の企業リストに対して幅広く対応できるのです。

例えば、クライアント側で希望された企業、こういった企業に対してアプローチをしたいというような希望があれば、アプローチが可能であり、商談も進む可能性が十分にありえます。

マッチングサイトの特徴

続いて、マッチングサイトの特徴をまとめていきたいと思います。

マッチングサイトの特徴としては問い合わせに近いものになりますので、営業は比較的に容易かと思います。しかし、相見積もりになることも多く、料金の安い会社様に契約が流れてしまうことから、会社によっては契約率が悪くなることも考えられます。

また、営業代行と比較をするとアプローチの幅が狭くなってしまいます。マッチングサイトでは登録をされた企業に対してサービス展開を行っていくものになりますので、幅が狭くなってしまったり、希望の企業に対しての取引は望めません。ただメリットとしては料金体系も比較的安くマッチングサイトを使用することができるところがあると考えます。

ただし、こちらも安いとのことから競合他社は多く存在することは視野に入れておくべきポイントです。企業母数が多いサイトであれば商談が成り立つ可能が高くなりますが、

母数がいないと商談は成り立ちません。マッチングサイトにも種類はありますので、全業種でのマッチングというよりは、ある業種に絞ってマッチングを行っているサイトなど、業界に特化して対象企業母数が多いサイトを選ぶことが効果的です。

まとめ

営業代行やマッチングサイトなど、新規開拓営業を行う手段は様々あります。

それぞれ、メリットやデメリットを把握した上で、企業にあった形態を選択をすることが重要です。

如何でしょうか?今回のブログでお伝えした内容が今後の営業戦略の選択しの1つにしていただければ幸いです。

 

成果にコミットする営業代行

販路開拓は企業の成長や維持にとって最も重要なことの1つであるにも関わらず、多くの企業がこの販路開拓に悩みや課題を抱えています。
販路開拓を成功に導くためには自社で新規開拓営業を行うことが必要です。

しかし、過去に新規開拓を行った経験がない企業や、十分な人的リソースを持っていない企業が継続的に新規開拓営業を行い、成果にまで繋げるのは実に困難です。

弊社では営業に悩みを抱える貴社の代わりに「成果コミット型」の営業代行サービスをご提供しています。

  • 55業種、1,600社以上の導入実績
  • 東京・大阪・名古屋を中心に全国対応
  • 余計な営業コストは一切必要ない完全成果報酬型を採用
  • 貴社の業界を知り尽くした「営業のプロ」が新規開拓を代行
  • 営業活動によって疲弊することなく売上増加が可能
  • 貴社と共になって営業目標を達成させるための営業戦略を構築
  • 営業活動をアウトソーシングすることで本来の仕事に集中可能
IB式営業代行 詳しくはこちら

ページトップ

営業代行は、営業コンサルティング会社 アイランド・ブレイン  (c)2015 Island Brain co.,ltd.