営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

成果報酬型の営業代行

営業代行サービスとマッチングサイトの違いとは!?

今回は営業代行サービスとマッチングサイトの違いついて、ご紹介したいと思います。仕事を得るためにも様々な手段があり、その内容も様々です。営業代行サービスもマッチングサイトもその手段の1つになります。

様々な手段をしっかりと理解した上で、最善の判断ができるように今回はご紹介したいと思います。

企業に適した活用方法  ~営業代行・マッチングサイト~

タイトルにもありますが、各企業がそれぞれ特徴を持つように、その会社に適したサービスも異なります。規模も異なれば、もちろんサービス内容も異なります。今後の会社の方針なども異なりますよね。

ビジネスモデルから状況が全く同じ会社という様々な手段がある中で、企業に適したサービスを選択をする必要があります。

営業代行サービスとマッチングサイト

営業開拓手段として、幅広くある中で、今回は営業代行サービスとマッチングサイトの2つに絞り、ご紹介します。それぞれのサービスにより特徴がありますので、是非参考にしてみてください。

営業代行サービスの特徴

営業代行サービスは企業様との商談の機会を無制限で作れるところに1つポイントがあります。全国の企業リストに対して幅広く対応できるのです。

例えば、クライアント側で希望された企業、こういった企業に対してアプローチをしたいというような希望があれば、アプローチが可能であり、商談も進む可能性が十分にありえます。

マッチングサイトの特徴

続いて、マッチングサイトの特徴をまとめていきたいと思います。

マッチングサイトの特徴としては問い合わせに近いものになりますので、営業は比較的に容易かと思います。しかし、相見積もりになることも多く、料金の安い会社様に契約が流れてしまうことから、会社によっては契約率が悪くなることも考えられます。

また、営業代行と比較をするとアプローチの幅が狭くなってしまいます。マッチングサイトでは登録をされた企業に対してサービス展開を行っていくものになりますので、幅が狭くなってしまったり、希望の企業に対しての取引は望めません。ただメリットとしては料金体系も比較的安くマッチングサイトを使用することができるところがあると考えます。

ただし、こちらも安いとのことから競合他社は多く存在することは視野に入れておくべきポイントです。企業母数が多いサイトであれば商談が成り立つ可能が高くなりますが、

母数がいないと商談は成り立ちません。マッチングサイトにも種類はありますので、全業種でのマッチングというよりは、ある業種に絞ってマッチングを行っているサイトなど、業界に特化して対象企業母数が多いサイトを選ぶことが効果的です。

まとめ

営業代行やマッチングサイトなど、新規開拓営業を行う手段は様々あります。

それぞれ、メリットやデメリットを把握した上で、企業にあった形態を選択をすることが重要です。

如何でしょうか?今回のブログでお伝えした内容が今後の営業戦略の選択しの1つにしていただければ幸いです。

 

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!